営業マンがリフォーム工事の勧誘に来る会社は、歌舞伎町のぼったくり客引きと同レベル!

リフォームは、500万円未満の工事は建設業の許可が必要ないですから、参入障壁が低い分、悪徳会社が多いですね。ターゲットも高齢者を狙えるので、商売として美味しいんでしょう。

また、リフォームは20万~30万円程度の工事が多いので、これぐらいの金額なら、衝動的に契約してしまいがちなんでしょうね。

 

先日も、北九州市の住宅リフォーム会社が、12ヶ月の業務停止処分を命じられています。

8年前から販売している住宅建材を「新商品」とウソをついたり、「契約を取らないと会社に帰れない」などと言って、契約を迫っていた北九州市の住宅リフォーム会社「リオ」に対し、経済産業省は19日、特定商取引法違反にあたるとして12カ月間の業務停止処分を命じた。

経産省中国経済産業局によると、リオは2014年8月から同年12月にかけて、大手住宅建材メーカーが8年前から販売している建材を「新しくできた商品です」などとウソをついたり、消費者が繰り返し断っているにもかかわらず、「契約を取るまで会社に帰れない」「年金を担保にしてお金が借りられる」などとしつこく勧誘していたという。

中国経済産業局が発表した事業会社の概要は以下のとおり。

(1)名 称:株式会社リオ (法人番号 2290801017831) 支店:山口支店、尾道支店、鳥取支店、豊岡支店、 長崎支店、熊本支店、鹿児島支店
(2)代 表 者:代表取締役 栗秋 省二(くりあき しょうじ)
(3)所 在 地:福岡県北九州市小倉北区魚町二丁目6番10号
(4)資 本 金:500万円
(5)設 立:平成23年3月1日
(6)取引類型:訪問販売
(7)取扱役務:外壁・屋根等の住宅リフォーム工事

WEB86_endoutop20150207152747_TP_V

年金を担保にしてお金が借りられるよ

客引きは100%ぼったくり=営業マンのリフォーム工事の勧誘

営業マンがリフォーム工事の勧誘に来る会社って、クソ会社ばかりです(笑)歌舞伎町の客引きと同じ感じで捉えておいたほうが良さそうですよ。

事例見ましたけど、「契約を取らないと、会社に帰れません。」って、お客さんには関係ないし、自己中な営業マンですよ。1年の業務停止命令を受けたところで、別会社作ったり、会社名や本社所在地を変えて、同じことをしますからね。

こういう事件は今後も増えるでしょうから、地域の真面目な会社で守っていくか、もしくは顔と名前をさらした方がいいですよ。ブラックリストの共有です。リフォーム事業は、ますます信頼関係が大事になってきますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem