住んでからの幸福度を高めるには、家づくりに『体験=経験』を加える!

モノよりコトと言われ始めて、数年が経ちますが、「モノの購買と経験(コト)の購買では、どちらが幸福度はどちらが高くなるか?」という実証研究が行われ、その結果が興味深いです。

実証の結果では、

モノの購買よりも、経験的購買の方が、購買後の幸福度が高くなる

ということが報告されています。

unnamed

実証研究なので、ちょっと小難しい話ですが、、、記事の中では、モノの購買よりも、経験的購買の方が、購買後の幸福度が高くなるその理由を3つ挙げています。

  1. ヘドニック・トレッドミル
  2. 購買意思決定プロセスの違い
  3. 人間関係の促進

要約すると、、、

1.モノの購買で得られる幸福感は、慣れるのが早い。

モノの購買によって得られる幸福も、経験によって得られる幸福も、人はだんだんとその状態に慣れてしまうため、その幸福感が次第に薄れていってしまうとのことです。

どちらも薄れますが、モノの購買は、その慣れが早いため、幸福感が下がりやすく、経験的購買の方が、その慣れが遅いため、モノの購買よりは幸福感を高く感じやすいとのことです。

家づくりの場合、引き渡し直後が一番幸福感が高く、だんだん下がっていくことが、示していますね。家という箱だけを提供しても、施主の幸福感はすぐ下がるということです。

 

2.モノの購買は、比較が起きやすいため、幸福感が下がりやすい。

モノの購買では、たくさんの選択肢の中から、比較しベストなものを選択します。そのため、機能、価格などの商品比較が簡単にできる現代では、より多くの商品を比較しようとしてしまいます。その結果、選択後の後悔も生まれたり、次々と出てくる類似の新商品との比較を行ってしまい、幸福感が下がりやすいのです。

経験的購買では、自分の中で、品質やパフォーマンスの最低基準を設定するため、その基準を満たしていれば、十分に満足感を得られるとのことです。また、状況や出来事などのエピソードも経験に含まれるため、他にはない記憶が残り、他と比較をすることがなく、幸福感が下がりにくい。

家づくりの場合も、『暮らし』に惹かれる方は、住んでからも幸福度が高いですね。

 

3.モノの購買は、比較が起きやすいため、幸福感が下がりやすい。

経験的購買は、モノの購買よりも他の人と一緒に行う活動が多くなるため、人間関係を促進しやすいとのこと。経験的購買は、より良い人間関係を築くキッカケになりやすいのです。

家づくりの場合も、コミュニティが生まれやすいのは、経験的購買をする方です。また、施主も一緒に壁塗りをしたりすると、関係性がグッと近くなります。一緒に体験する経験が関係性を築いていきますね。家という箱だけを提供しても、関係性は築けないです。

 

以上です。

これらの結果から、家づくりに『体験=経験』を加える事は、「幸福度が高くなる=満足度が高くなる」ことにも繋がりますね。

たとえ、同じ家をつくっていたとしても、家づくりを「モノの購買」として位置づけるのか、「経験的購買」に位置付けるのかによって、その後の満足度が変わるってことですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem