ブログ記事や施工例・設計例、お客様の声などを更新していき、訪問者との接点を増やす!

WEBサイトの更新や、ブログを書き続けていくと、よくわかるのですが、WEBを通じて、ユーザーを繋ぐ接点になるのは、中身となる記事です。そのため、昔から言われているように、サイトを更新をしていき、訪問者との接点を増やすことが欠かせません。更新する内容には、ブログ記事を始め、施工例(設計例)やお客様の声などがあります。

放置されたサイトには価値はないですし、新しい内容が追加されないサイトにも価値はないですよ。無料ブログで「上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。」なんて表示を見かけるのはアウトですよね。

notepad-notebook-pen173-1560x1040

経験の中から感じた、更新する理由を取り上げてみます。

  1. ページ数を増やすため
  2. 再訪問者を増やすため
  3. 古い情報を今に合わせるため
  4. 書くスキルが向上する

 

1.ページ数を増やすため

新しく追加した記事が、アクセスを集められる期間は、一時的なものです。感覚値ですが、住関係の様にニッチなネタだと2~3日程度な気がします。

ただし、記事内容が良ければ、検索からのアクセスはある一定を保つことも多いので、ページ数が増えれば増えるほど、検索からのアクセスを呼び込み続けます。

2. 再訪問者を増やすため

定期的に訪問する理由の多くは「そのサイトにアクセスすると、新しい情報を得られる」からです。そのため、よほど魅力的な内容でない限り、一度見た記事を2回以上見ません。

なので、一度訪問された方を、再度訪問させるためには、新しい記事を追加することが、最も簡単な方法なのです。反対に、新しい記事を追加しないで、再度訪問してもらうことは、かなりハードルが高いことになります。

3. 古い情報を今に合わせるため

古いホームページだったり、長い期間ブログを書いていると、掲載した情報が古くなってしまうことが多々あります。古いだけならまだしも、間違った情報になってしまうと、信頼が損なわれてしまいます。

なので、少し手間は掛かりますが、古くなってしまった記事にも手を加えて、最新の状態にしておくことで、訪問者の信頼を得ることができます。

+α. 書くスキルが向上する

WEBを担当しているなら、今は文章が書けないと話になりません。書くだけでなく、企画や構成、表現や編集といったスキルも必須なのです。中小の工務店や設計事務所には、この辺スキルを持った方は少ないです。だからこそ、身に付けられると、かなり強力な武器になります。

身に付けるには、一見小難しそうに感じますが、ある程度の基礎を学んだ上で、実践しながら学習していくのが一番の近道です。サイトにどんどん新しい記事を追加していくことは、地道ですが、確実な習得方法ですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem