初心者の写真撮影は、基本を身に付けた後は、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる論

写真を上手く撮る方法ですが、まず初心者の方は、基本(特に構図)を身に付けて、その後は、何百枚撮ってみて、その内の1~2枚、いい写真があればいいという気軽な気持ちで、撮影し続けることが大事ですよ。「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」で、デジタルな時代ですし、たくさん撮っても0円ですからね。

camera-lens-photographer195-1560x1040

写真を上手く撮る方法は、ちょっと調べたら、あれこれ出てきます。いくつかの記事をまとめてみました。参考にしてみてください。

 

のっぺりした写真にさようなら。奥行きのある写真を撮る6つのコツ

初心者の写真撮影では、写真が「のっぺり」してしまい、奥行きがなかったりします。イキイキとした、奥行きの感じられる写真が撮るための、6つのコツがまとめられています。

  1. 手前に物を置く
  2. リードラインを使う
  3. ローアングル
  4. 光のコントラストを見つける
  5. フレーム内にフレームを
  6. 被写界深度で遊ぶ

 

フォトグラファーとしての目を養う7つのエクササイズ

写真撮影をマスターするには、カメラの技術的側面、光と影の理論、そして構図を学ぶ必要があります。初心者がまず身に付けられるのは構図で、それを理解するための確実な方法は、実践的経験を積むことしかないのですが、そのエクササイズがまとめられています。

  1. 他人の写真をトリミングする
  2. 1つの被写体につき10枚撮る
  3. 3つの被写体で10枚撮る
  4. 1つのレンズで1000枚撮る
  5. フラフープを持って散歩に出る
  6. 1週間フォトチャレンジ
  7. 他人の写真をまねる

 

デジカメ初心者でも綺麗な写真が撮れる!カメラの設定まとめ

真似するだけで誰でも簡単に撮影できる設定がまとめられています。

 

三分割法をつかった、美しい構図レイアウトの早業デザインテクニック

「三分割法」は、写真撮影における基本要素として知られています。どんなデザインの現場にも役立つアイデアで、どのように活用すればよいのかが、シンプルにまとめられています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。