住まいや暮らしに関する文学賞 『at home AWARD』に応募してみよう!

アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」が、アットホーム株式会社の協賛により、住まいや暮らしに関する文学賞 『at home AWARD』を設立し、新プロジェクト「at home AWARD(アットホームアワード)」を立ち上げています。

athomeaward_1000x560

プロジェクトの中では、4月1日(金)から7月31日(日)の期間で、

  • 一人暮らし
  • お隣さん
  • ご当地物語
  • 二次創作

の4つのテーマから1つを選んで創作された短編小説を募集しています。

文字数は、1,000字以上10,000字以内なので、割とハードル低いですよ。賞金も出ますし、書ける方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

小説は新しい視点を与えてくれる!

住関係ではないですが、先日も、福岡への愛あふれる7人の著名人が執筆する、福岡県を舞台とした連続ソーシャル小説が公開されています。 “ぴりから”という名にちなみ、福岡の「食、歴史、文化etc… やみつきの刺激」を コンセプトにした新作小説です。

Web小説『ぴりから』

Web小説『ぴりから』

小説という切り口は、新しい視点を与えてくれる、いい切り口ですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。