プレハブ住宅初の有形文化財(建造物)築53年の「セキスイハウスA型」

積水ハウスが1963年に建築した住宅「山崎家及び臼井家別荘(セキスイハウスA型)」が、プレハブ住宅として初めて、国(文化庁)の有形文化財(建造物)に登録されることが決定したようですね。

1963年に軽井沢の別荘地に建てられ、1971年以降山崎家及び臼井家が所有し、主に避暑を目的とした別荘として現在まで53年にわたり使用されたプレハブ住宅です。

※登録有形文化財について
登録有形文化財とは、文化財保護法の改正により創設された制度であり、建造物、工芸品など有形の文化的所産のうち、我が国にとって歴史上、芸術上、学術上の価値が高いものを対象に、文化審議会の審議を経て文化財登録原簿に登録された文化財のことです。このうち建造物については、建設後50年を経過した歴史的建造物を対象としており、今回新たに199件の登録が決まりました。これまでに登録された物件を合わせ、全国で10,691件となります。(2016年3月11日現在)
main

プレハブ住宅が住宅産業をけん引しているとは思いませんが、考え方というか、構造体や外装材などを工場で生産し、高い品質を確保したまま、現地で組み立てるその仕組みは、今の家づくりの基本になっていますね。

プレハブの合理化主義的な考えを嫌う方もいますが、突き詰めたら面白いんですけどね。

sub1
≪登録物件の概要≫
名称  山崎家及び臼井家別荘(セキスイハウスA型)
所在地  長野県北佐久郡軽井沢町
答申日  2016年3月11日
建設年代  1963年(昭和38年)
構造及び形式  軽量鉄骨造平屋建、金属葺、建築面積約34㎡
公開状況  非公開

 

プレハブ住宅と言えば、この本は必読です。

プレハブ住宅産業はこうして生まれた!その揺籃期、1960年前後から1970年代までの動きを、当時の若き技術者たちのオーラルヒストリーで生き生きと構成。技術者一人ひとりのものがたりをもとに歴史を紡ぐ技術社会史の労作、ここに成る。

箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言

箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言

  • 作者:松村 秀一,森田 芳朗,江口 亨,権藤 智之,佐藤 考一
  • 出版社:彰国社
  • 発売日: 2013-11

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem