360度全天球撮影は写真派?映像派?

シンセサイザーで有名な音楽プロデューサー・浅倉大介さんが、360度全天球撮影ができるリコーの「THETA(シータ)」を使って撮影した、桜景色が話題になっています。

浅倉さんと言えば、accessが最初なんでしょうけど、世代的には、初期の頃のT.M.Revolutionを始め、Icemanとか、pool bit boysとか、初期のFayrayとか、コタニキンヤ、藤井隆とかで楽曲を耳にしていたので、プロデューサーのイメージが強いです。

違う視点で、2つほどアップされています。グリグリ動かしてみてください。

目黒川に来てみた!🌸グリグリ動かしてみてー🌸 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

別の場所からも! #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

360度全天球撮影ができるリコーの「THETA(シータ)」は、数年前からオススメしていますが、写真と映像で見比べてみると、映像の方が見やすい感じはしますね。

住宅の撮影にRICOHの全天球カメラ「THETA(シータ)」はいかが?

2014.03.09

2016年の動画は360度映像?映像を通じて家を疑似体験させてみよう!

2016.01.17

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem