二世、三世経営者は、「この質問」に答えられない。by 稲盛和夫

住宅業界には、二世・三世の方が多くいますし、常務、専務の役職に付く二世・三世経営者も、よく見かけます。

そんな、二世・三世経営者に向けた、稲盛和夫氏のこの記事は面白いですね。

稲盛さんといえば、京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業し、JAL再建の陣頭指揮を執った「経営の父」とも呼ばれてる方です。

Kazuo_Inamori

2004年に出版された著書の「生き方」は、評判が良いですよ。

 

二世・三世経営者に向けて書かれた記事はこちら

 日本の中小企業の場合、子どもが後を継ぎたがらないところがほとんどです。子どもたちにとっては、親の商売はどこか古臭いし、みっともなさそうなので、大学に入って勉強して、一流の会社に勤めようとします。しかし、社会へ出てからしばらくすると、社会の厳しい風に当たって、「やっぱり家に帰って、親の後でも継ごうか」と思うようになって、家に戻ります。

もしくは、家業を継ぐ気はなかったけれども、お父さんが急に病気で倒れ、お母さんに「家に帰って、どうしても後を継いでほしい」とせがまれて、仕方なく実家に帰る人もいます。

この二つのパターンのどちらかで、家業を継ぐ人が多いのです。

そういう人は、たとえ大学の経営学部や商学部を出ていても、今日私が話しているような商売の原点については教わっていません。経営をしていく上で知っているべきことを知らないまま、一流企業を辞めて家業を継ぐわけです。

記事に書かれているような、そんなひどい二世・三世っているの?って思いがちですが、一代目がある程度成功していると、知らず知らずそうなりますよ。二世・三世は、ゼロから築き上げていくお金の苦労を知らないんですから。

また、昔、とあるハウスメーカーの創業者に言われた言葉で、「親子で一緒に仕事ができるのは、親が進んでいるか、子が遅れているかのどちらかだ」みたいなことを言われました。一代目である親がある程度成功していたら、子が遅れているというレッテルを貼られますから(笑)まぁ、この創業者も親側が上手く行きすぎて、親子では上手く行かなかったようで(笑)

「継ぐ」「継がない」は個人の自由なので、どちらが正しいというわけではないと思います。現に、親族で住宅事業を営んでいるというだけで、お客さんからは無条件に信用されやすくなるわけですし。

私も同じ二世・三世ですが、個人的には、20~30歳も離れて、同じ価値観で働くって、異常だと思ってたので、追い出される形で出て行きました(笑)

 

少し古い漫画になりますが、武論尊原作、池上遼一作画の『HEAT-灼熱-』で書かれていた内容が的を得ている気がします。

  • 媚びて飼われて飯喰って...その代わり、一生、鎖でつながれる
  • 糞みてェな上司に追従(クソ)笑い作って、血管切れるような思いして上がって来る

極端な生き方ですが、当たってますよ。

heat1

媚びて飼われりゃ飯は喰える...だが一生、鎖でつながれる...

heat2

糞みてェな上司に追従(クソ)笑い作って、血管切れるような思いして上がって来たんだよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem