開放的すぎるけど、住宅にとって「窓は大きければいい」というものではない!

開放的すぎる!という驚きと同時に、どれだけお金が掛かってるんだろう?と思ってしますのが、こちらの映像。

全自動でスライドして全開になる窓

枠は見えますが、完全にガラス張りで、一体感のあまり、子どもはぶつかりますね(笑)

また、ガラスの面積も広いので、ガラス自体もかなり強度のあるものを使わないと、むずかしいですよ。建物の構造も結構頑張っています。

窓の移動も、手動ではなく自動で、角もスムーズに回転しながら収まっていきますし、レールも目立たずすっきりしていて、建築家が好きそうな雰囲気です(笑)

個人的には、窓の大きさやガラスの面積が異常すぎて、割れそうな不安にかられて、落ち着かないと思いますけど・・・窓は大きければいいってものではないですよ(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。