元プロ野球選手のG.G.佐藤さんには、父親の土台と自身の経験を活かして、スポーツ選手引退後の受け皿を作ってほしい。

測量調査・地盤調査のトラバースに勤めている、元プロ野球選手のG.G.佐藤さん。たまにテレビでも見かけますが、どんどん露出していってほしいですね。

プロフィール見ると、G.G.佐藤さんはまだ30代なんですね。登録名の「G.G.佐藤」は中学生の頃「顔がジジくさい」と言われていたことに由来していることに納得(笑)

G.G.佐藤さんは、侍ジャパン(日本代表)にも選ばれているので、順風満帆かと思いきや、大学時代はレギュラーでもなく、入団テストで西武に入ったという雑草っぷり。数字だけを見ると、1軍でのしっかりと成績を残しているのは2007年~2009年の3年間でした。(3年でもすごいです。)

  • 2007年:打率.280 本塁打25 打点69
  • 2008年:打率.302 本塁打21 打点62
  • 2009年:打率.291 本塁打25 打点83

ただ、成績より有名なのが、北京五輪で痛恨のエラーをした話。

現在は、サラリーマンとしての活動がメインですが、テレビにも出たりとタレントとしても活動されています。

mainimg

プロ野球選手から、父親の経営するトラバースに勤めるわけですが、転職後の最初の感想には納得です。よそ者や、ガタイよくても仕事できないと、弾かれやすいのが、現場ですから(笑)

「何もわからない中で続けるのは、正直つまらなかったよ。受注から先が本当の仕事だし、そこでは経験豊富な現場監督にどやされる毎日。仕事ができないと判断されたら、もう発注はもらえない。野球とはまた別のプレッシャーがある」

でも、現場での指示や、関係各所とのやりとりも随分と板についてきたことで、仕事の面白さを感じ取れたようです。

「野球も、ビジネスも、共通するところはたくさんある。練習して、試合があって、反省してまた練習する。このサイクルは同じ。企画を作って、商談して、反省して、もっといいものにする。継続することが、次の成果につながるということは、どの世界も同じなんだと実感している」

父親の経営するトラバースでは、何人かの元プロ野球選手が働いてらっしゃるようですが、G.G.佐藤さんには、父親の土台と自身の経験を活かして、スポーツ選手の引退後の受け皿をつくる働きをしてほしいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem