「個性」と「信頼」をオリジナルな情報で届けるから集客できるホームページに育つ!

集客できるホームページというのは、「サイトのデザイン」だけが理由ではないことがほとんどです。なので、「上手くいっているホームページと同じようなデザインにすれば、集客できる。」というのは大きな誤解です。

ホームページも、住宅というカテゴリが同じだと、どうしても似たような情報や掲載になります。そんな沢山のサイトがある中で、上手くいくホームページに共通している、大事な要素のひとつとして挙げられるのが、「個性」です。

見る側も、ホームページのデザインや、書かれている内容や掲載されている写真などから、「個性」を感じ取って判断していきます。

「個性」とは?

個性と言うと、

  • 他とは違う
  • 価値観が近い
  • 興味深い

などが挙げられますが、ここで言う「個性」とは、決して「変」とか「変わっている」という意味ではありません。住宅という高額な買い物の場合、目立ちたいからといって、面白い表現や奇抜な表現をしても、効果はありません。

表現の仕方には色々ありますけど、そこに「自分らしさ」があることが、個性を出すために必要なことなのです。

注文住宅の場合、住まい手の個性をどうカタチにしていくかが大事なのに、作り手側から個性が感じられないなんて、何のためのホームページなのか意味がわからないですよね。

「個性」と「信頼」をオリジナルな情報で届けること!

当たり前のことですが、できるかぎり、自社(自分)で用意した素材(写真や文章など)だと、「個性」が出てきます。

写真の場合も、綺麗な写真だからといって他社の写真を使い回すより、自社で撮影したオリジナルの方が、「個性」と「信頼」を届けることができます。イメージ写真ならまだしも、事例に他社の写真を使ったところで、同じ内容を提供することはできないし、嘘がバレて、信頼を無くすだけです。

他所の施工例やお客様の声、それって詐欺だろ?

2015.06.05

また、住宅写真撮影は構図が決まっていて、似たようなばかりになりやすいので、何枚もいろいろな角度から撮影することで、どんな家なのかを伝えやすくなります。

フリー素材の外観&内観写真には、個性がまったく感じられないのです。たとえ、人が写っていたとしても、偽物の家族ですから、個性が感じられないのです。

個性のないフリー素材の写真

個性のないフリー素材の写真

人が写っていても個性が感じられない

人が写っていても個性が感じられない

文章も、他のホームページの内容をそのままコピーした文章ではダメです。それが良い文章であっても、自分の言葉で書いていなければ、会って話をした時、的を得た話ができないでしょう。つまり、コンセプトを理解していないってことです。はじめから全部とは言いませんが、少しだけでもオリジナルの文章を追加すると「個性」は出やすくなります。

そして、オリジナルの素材である文章と写真を組み合わせると、より「個性」と「信頼」を届けることができます。

はじめから全部は無理でも、ひとつづつ「個性」と「信頼」を意識した内容にしていくことで、ホームページは育っていくのです。ほったらかしはダメってことですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem