IKEA創業者を誘拐?映画『ハロルドが笑うその日まで』

自分の人生のすべてが詰まった小さな家具店を、IKEAにつぶされたという腹いせに、IKEA創業者の誘拐を目論む主人公の珍道中を描く、映画『ハロルドが笑うその日まで』がいいですね。シリアスな感じではなく、コメディっぽい感じです。

ハロルドが笑う その日まで

ハロルドが笑う その日まで

2016年4月16日(土) YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー!
小さな家具屋の店主が、あの世界最大の家具販売店・創業者を誘拐!?北欧から届いた”­明日の一歩”を踏み出すための素敵な物語。 http://harold.jp

【STORY】ノルウェーの街、オサネで40年以上にわたり妻マルニィとともに小さく­も誇り高き家具店を営んできたハロルド。しかし、世界中で展開する有名家具チェーン店­「IKEA」(イケア)の北欧最大店舗がハロルドの店のすぐ隣にオープンしたことから­、ハロルドの店は閉店に追い込まれる。さらに最愛の妻を失い、怒りを募らせたハロルド­が思い付いたのは、イケアの創業者、イングヴァル・カンプラードを誘拐して、復讐する­ことだった! おんぼろ車に乗り込み、イケアの第一号店があるスウェーデンのエルムフルトへと向かう­ハロルド。道中で出会った孤独な少女エバも巻き込み、極寒の地での珍道中が幕を開ける­――。

「隣近所に大手がやって来る」というのは、どの業界でもあることですからね。ネタとして興味深いです。

ネタにされたIKEAの反応も寛大なようです(笑)IKEA側は「私たちは家具を作り、それを売るのが仕事で、君たちは映画を作り、公開するのが仕事だ。それぞれがそれぞれのベストを尽くせばいいんじゃないか」とのこと。カッコイイですね。

配給元によれば、本作の製作にあたり「イケア」側は、「私たちは家具を作り、それを売るのが仕事で、君たちは映画を作り、公開するのが仕事だ。それぞれがそれぞれのベストを尽くせばいいんじゃないか」と、快く撮影を許諾したという。カンプラード自身が本作を鑑賞したか否かは不明だが、その寛大さはさすが世界規模の巨大企業ならでは。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem