提案している住宅のプロモーションは何と関連付ける?著書『売らずに売る技術』から学ぶ「関連性」

昔は18歳で免許取って車を買ってという習慣も、もはや当たり前ではなくなっていますよね。車という「モノ」に興味がない若者たちに、ショールームで待っていても誰も来ず、テレビでCMを流してもスルーされてしまう、そんな時代です。

なんだか、住宅と似ています(笑)

下記の記事内では、『売らずに売る技術』(小山田裕哉/著、集英社/刊)の本の紹介も兼ね、高級車のアウディのプロモーションを取り上げています。

プロモーションとは、消費者の購買意欲を喚起するための活動のこと。
Audi Japan / アウディ ジャパン

Audi Japan / アウディ ジャパン

関連性を意識したアウディのプロモーション

アウディのプロモーションは、「知的好奇心の刺激」という「関連性」を意識して、サッカー、暗号パズル、宇宙など、知的な要素を感じさせる物事に興味がある人々と関連付けるプロモーションを行っています。

ただのプロモーションも「関連性」を高めることによって、受け手側に「自分ごと」として響きやすくなるわけです。車そのもの(モノ)をアピールしても、離れてしまった人には関連性が低く感じられ、見向きもされないわけです。

そして、本書のタイトルにもなっている「売らずに売る」という言葉の大きなキーワードの一つになっているのが、

一方的な押し付けではなく、企業自らユーザーに歩み寄り、ファン目線で情報を発信する。

ということです。つまり、人間らしさを感じるコミュニケーションをすることの重要性が書かれています。

また、高級ブランドのプロモーション戦略について鋭く切り込んだ内容になっていますので、住宅のプロモーションの参考にもなりますよ。(電子書籍化されてないのが残念です・・・)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem