最も得意とするものの逆を補う!リアルで築くのが得意なら、ネットで集めることを補おう。

住系のキュレーションサイトの「iemo」が運営する、インテリアショップ「DECORTOKYO(デコールトーキョー)」が5月1日にオープンしました。

DECORTOKYO

DECOR TOKYO

小さなDIYグッズから壁紙や建具、床材などの内装建材、家そのものまで選べる、総合的な住まいのショップになっています。

運営はiemoだけでなく、女性向けのDIYや内装デザインなどを手掛ける夏水組をはじめ、ビーノマスターズクラブ/フリークホームズ、ニトムズ、リノベる、フィルといったインテリア関連各社とともに共同運営とのこと。

DECOR TOKYOの店舗だけでなく、立ち上げにあたり、巻頭インタビューや、商品紹介などを掲載したタブロイド紙も発刊しています。

タブロイド紙

タブロイド紙

ネットからリアルへ、リアルからネットへ

上記の例が、ネットからリアルへ持っていったように、これからの集客を考えたら、ネットもリアルも上手く活かすことが必要ですよ。

以前から、集客を、

  • 「集めること」
  • 「(信頼関係を)築くこと」

という風に分けましょうとしていますが、これを、さらに、

  • 「ネット」
  • 「リアル(アナログ)」

に分けます。つまり、掛け合わせると、

  • ネットで集める
  • ネットで築く
  • リアルで集める
  • リアルで築く

の4つに分かれます。

ネットで集めるとは?

ネット広告や、ホームページから、新規客を集めること。

ネットで築くとは?

ブログやメルマガなど、ネットを通じて、見込み客と信頼関係を築くこと

リアルで集めるとは?

チラシ(折込みやポスティング)などで、新規客を集めること

リアルで築くとは?

セールス力もここに該当しますが、主には、ニュースレターやコミュニティイベントなどで、見込み客と信頼関係を築くこと

そして、これら4つの中で、最も得意とするものの逆を補うのです。

つまり、

  • ネットで集めるのが得意なら、リアルで築くことを補う。
  • ネットで築くのが得意なら、リアルで集めることを補う。
  • リアルで集めるのが得意なら、ネットで築くことを補う。
  • リアルで築くのが得意なら、ネットで集めることを補う。

ということです。

極端な話かもしれませんが、反対側の訴求って、効果的に働きやすいんですよ。デザインで言うところの「補色」に近い気がします。

ネットに慣れている顧客は、ネットでの世界に慣れ親しんでいるので、ネットで接し続けていても、他に埋もれてしまい、忘れられたりしてしまう可能性が大きいです。

その逆のリアル(アナログ)経由で集めた顧客も、アナログ媒体に慣れていて、忘れられたりしてしまう可能性が大きいです。

例を挙げるなら、、、

会えばほぼ契約に持っていけるという会社なら、ネットで集めることに力をいれるべきですし、

チラシなどのアナログ媒体で獲得した顧客は、それ以降もアナログ対応で、フォローしたり、追っかけたりするよりも、ネットを利用して、フォローした方が、普段接していない分、頭の中に残りやすいです。

これは、30代など世代的に、デジタルとアナログの両方に精通していることも、影響していますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem