つくり手のマインドの重要性が描かれている『ナナのリテラシー』

2014年頃「電子書籍で年間1000万円稼いだ」という漫画家の方がいて、出版業界でも話題になりました。その実体験が、マンガになっているのが、こちら。

ナナのリテラシー(作者:鈴木みそ)

nana

ITコンサル会社に職場体験でやってきた主人公の女子高生が、出版業界やゲーム業界などが抱える問題に立ち向かうという内容です。第一巻は作者でもある漫画家の鈴木みそ氏自らの体験にもとづく、AmazonのKindleでの個人での電子書籍出版がネタになっています。

第一巻では出版業界や漫画家の電子書籍について、第二巻ではゲーム会社でのソーシャルゲーム、第三巻では児ポ禁法などの表現規制について扱っており、古い媒体やコンテンツからの切り替えだったり、最後は大手が勝つような構造の中でどうしようか?って内容です。

「すべて人任せで何も決めて来なかった。考えることさえしなかった」「それは奴隷ですよ?」などの厳しい問いかけなど、ビジネス視点ですごく面白いのですが、残念なのが、三巻で打ち切りで終了しています。

話のネタになる取材が困難だったのか、頭が堅い人には不評だったのか、視点が面白かっただけに残念です。「CDと音楽配信」など、新旧の切り替わりが訪れている業界はたくさんあるので、話が広がりそうな気もするんですけどね・・・

ものをつくる人やそれを伝える人にオススメしたい。

『ナナのリテラシー』で、すごく良い描写なのが「マインドの重要性」です。

話の流れも、突出したスキルが急に身に付いたり、画期的なアイデアが急に舞い降りて、問題を解決するということではなくて、意識や気持ちといったマインドの変化によって、行動することが重要ということが描かれています。

ただし、行動といっても、何でも食いつけばいいものではありません。二巻のあとがきのところに、作者の鈴木さんはこのように書いています。

ヒットしそうな要素を何でも入れるのではなく、個人的な嗜好を突き詰めて作り込んだものだけが、栄光に預かるような気がしています。

それはマンガでも同じで、売れる方法論、というマニュアルが適用しなくなり、何が当たるのかさっぱり読めなくなった昨今、だったら好きなことを描くしかないな。というのが自分の結論です。

というと、昔はマニュアル重視で、売れる方向のマンガを作っていたように読めますが、今までもこれからも、描きたいことしか描けません。もうそれは治りませんので、諦めています。皆さんも諦めてください。

ローコストが流行っているから、ローコストへ・・・
自然素材が流行っているから、自然素材へ・・・
デザイン住宅が流行っているから、デザイン住宅へ・・・

上記の様に、ヒットしそうな要素に振り回されているところは、やはり上手くいきにくいですよ。今の時代、誰でも売れる方法論やマニュアルなんてないんです。それらはマニュアルを売っている側が作り出した幻想です。FCとか、加盟したら誰もが売れるような謳い文句しますけど、幻想ですから(笑)

逆に、個人的な嗜好が突き詰められている濃いものほど、ちょっと伝え方を変えると、ガラッと変わります。個人的な嗜好が突き詰められている濃いものは、モノの質は良くても、相手に伝わりにくい自分中心の自分視点になりやすいですからね。

そんなことを考えさせてくれるこの本は、個人的にはすごく面白くて、一気にさくさく読めますよ。

ナナのリテラシー 1 (ビームコミックス)

ナナのリテラシー 1 (ビームコミックス)

  • 作者:鈴木みそ
  • 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2014-01-25

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem