心豊かに暮らせる人は、EQ(心の知能指数)が高い?心豊かに暮らしてもらうために、つくり手側はどうすればいい?

アンガーマネージメントなど感情をコントロールすることが、流行りつつありますが、自分や他人の感情を理解したり、自分の感情をコントロールする能力を、EQ(心の知能指数)が高い低いで表すようです。

EQ(心の知能指数)が高いことの特徴に、

  • 自分の感情も他人の感情も認識できる
  • 感情をうまく使って問題解決のような作業に適用できる
  • 腹が立っても冷静になれるなど、自分の感情をコントロールできる

が挙げられます。

ライフハッカーのサイトに、EQ(心の知能指数)が高い人に共通の10の資質が取り上げられているのですが、拝見すると、住関係にも共通点がありそうなだなと感じました。

EQ(心の知能指数)が高い人に共通の10の資質

  1. 完璧主義者ではない
  2. 仕事と遊びのバランスのとり方を知っている
  3. 変化を受け入れる
  4. 気が散りにくい
  5. 共感力がある
  6. 自分の強みと弱みを知っている
  7. 自分で自分にモチベーションを与えられる
  8. 過去のことでくよくよしない
  9. ポジティブなことに意識を集中させる
  10. 境界線をしっかり定める
heart-love-oil141-1560x1040

心豊かに暮らせる人は、EQ(心の知能指数)が高い?

モノが有り余る時代に、「心豊かに暮らす」ということが、少しづつ求められてきています。ですが、「心豊かに暮らす」には、どうすればいいのか?そこに対して、具体的な道順を提示するのは難しいですよね。

「心豊かに暮らす」には、精神的な部分も大きく影響してくるため、EQ(心の知能指数)が関係あるのかも知れません。心が豊かな人は天性的ではなく、育ってきた環境がすごく影響していると思われます。

上記の資質を参考に、心豊かに暮らしてもらうために、つくり手側はどうすればいいかを書いてみました。過去に出会った施主を元にイメージして書いていますが、あくまで参考程度に(笑)できれば、上記の資質を参考に、自分なりの答えを導き出してみてください。

1.完璧主義者ではない
⇒ 家は完璧なモノではないことを説く

EQが高い人たちは、完璧主義者ではありません。
完璧主義者で家を建てようとすると、間違いなく不幸になります。自然素材を使うなら、なおさら完璧なものはありません。しっくいも木も干割れします。家は完璧なモノではないことを説く必要があります。「住んでからが始まり」というのもそれです。

2.仕事と遊びのバランスのとり方を知っている
⇒ 家には精神的な安らぎや遊び感覚あるバランスが必要。

EQが高い人たちは仕事をすべき時と、遊ぶべき時をわきまえているとのこと。
ということは、家はただ寝て肉体の披露を回復するためだけのものではなく、精神的な安らぎや遊び感覚あるバランスが求められてきますね。家で仕事をするSOHOなら、その切替えができることも必要ですね。

3.変化を受け入れる
⇒ 暮らしは変化することを説き、その変化に対応できる家を提案。

子育て世代ですと、子どもの成長ともに生活はどんどん変わっていきます。中学卒業と同時に家を出ることもあれば、大学卒業まで家にいるケースだってありえます。どんな変化が起こってもいいように常に備えられる家やライフスタイルの提案が求められますね。

4.気が散りにくい
⇒ オープンでもクローズでも、集中できる場所をつくる。

EQが高い人たちは目の前の作業に集中することができるとのこと。
キッチンやリビングで勉強などもそれに該当しますし、逆にこもって集中できる場所をつくったりすることもいいですね。

5.共感力がある
⇒ 他の施主に興味が持てるようなコンセプトの統一やコミュニティ

他人と繋がり、思いやることは、EQに必要な要素です。
ということは、周りの人の気持ちに共感しやすい場を提供することが求められてきます。つまり、統一されたコンセプトで似たような人達を集めて、それぞれの施主が出会うキッカケをつくる必要があるということです。

6.自分の強みと弱みを知っている
⇒ 得意不得意を明確にし、得意な部分は活かし、不得意な部分はカバー

EQが高い人たちは、自分は何が得意で何が不得意かわかるようです。
ということは、その施主の暮らしの得意不得意を明確にしてあげて、得意な部分はより活かし、不得意な部分をカバーするようなデザインが求められてきますね。

7.自分で自分にモチベーションを与えられる
⇒ モチベーションを上げられる家づくり

EQが高い人は、自発的に頑張るタイプとのこと。
施主が家に対して、モチベーションを上げられるような仕掛けがあるだろうか?モチベーションを上げるには、ワクワク感などの楽しさがわかりやすいです。また、一方的につくる家よりも一緒になってつくる家の方が、施主もモチベーションは上がりやすいですよね。住んでからも自分で家をアレンジできるようなセンスが備わると、モチベーションは上がります。

8.過去のことでくよくよしない
⇒ 前向きになれるコミュニティ

EQが高い人たちは、未来に訪れるたくさんの可能性をじっくりと考えるのに忙しすぎるから、過去のことでくよくよしている暇がないとのこと。
ということは、前向きになれるよう導くことも必要です。自分だけで未来を踏み出せればいいのですが、相談できて前向きになれるコミュニティによって、背中を押してあげられるようなことが求められてきますね。

9.ポジティブなことに意識を集中させる
⇒ 家の中で最もポジティブになれる場所やコトは何?

家づくりには、施主目線でみても、間取りや設備、仕様など、沢山の事柄がありますが、施主が家の中で、最もポジティブになれる場所やコトはなんでしょうか?その部分を他よりも充実させることが、「心豊かに暮らす」ことにも繋がりますよね。

10.境界線をしっかり定める
⇒ 「どこまで」「いつまで」を決めてあげる。

EQが高い人たちは、境界線をしっかり引く力があります。
ということは、「どこまで」「いつまで」を決めてあげることが求められてきますね。たとえば、総予算のバランスや、どこまでを予算の中に含めるか?また、外構など引き渡し後に手を加える部分があるなら、いつまでに完成させるか?など、その辺を示してあげると、過剰に抱え込むこともなくなり、燃え尽きたり、参ってしまったりすることも防げます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem