家を建てたい人をスマホで集客するなら「検索」?「SNS」?

株式会社ジャストシステムが、『スマートフォンでの検索に関する調査結果』を発表しています。本調査は、スマートフォンを所有する10~50代の男女409名を対象にしているとのこと。

main

知識や解決方法を検索する場合

調査結果の概要の興味深いですね。

3人に2人が、「課題に対する解決方法」は「Google」で探す

スマートフォンで「課題に対する解決方法」を探す際に最も利用するサービスは、

  • Google 60.9%
  • Twitter 8.6%
  • Facebook 5.6%
  • Instagram 2.9%

Googleで探すというより、検索して課題に対する解決方法を探すってことでしょうか。ただ、記事のない(答えのない)ところにはたどり着かないわけですから、中身の充実が求められてきますね。

ビジネス上の知人を探すのは「Facebook」

スマートフォンで「ビジネス上の知人」を探す際に使用するサービスは

  • Facebook 26.9%
  • Google 18.6%

20代から50代までは「Facebook」で探す人が最も多く、年齢が高くなるにつれて割合も高くなる傾向にあり、40代は35.7%、50代は35.8%。

ほんとFacebookってBtoB向けになりましたよね。一般向けに使う場合、コミュケーションを取るならいいけど、集客には微妙なんでしょうね。きちんと設定を施したFacebook広告ならまだ望みはあるんでしょうけど・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem