建築士が今できる取り組みを見つけ、仕事の幅を拡げられる1冊『これからの建築士 職能を拡げる17の取り組み』

建築士の仕事は、どんどん進化していきますよ。というより、進化しないとヤバイですね・・・国家資格でそれを取得できているポテンシャルを考えると、もっと色々チャレンジできると思っています。マインドとか視点とか、他の人に埋もれないところへ目を向けると面白いと思うんですよね。

下記に紹介しています本『これからの建築士 職能を拡げる17の取り組み』も、建築士が今できる取り組みを見つけ、仕事の幅を拡げられる1冊ですが、従来の建築士としての延長線上での内容です。

それも良いんですが、従来の建築士の固定概念を払拭し、建築×●●●●という切り口で、色々とチャレンジされるのも、面白いと思いますよ。建築×小説、建築×マンガ、建築×ファッション、建築×音楽など、建築に自身が夢中になれることを組み合わせて、取り組むことって、これから求められる気がしますよ。実際やってる建築家の方っていますよね(笑)

建築への信頼が問われる今、必要なのは100万人の「建築士」のバージョンアップだ。専門性を活かしながら、新たな領域と関係性をつくり出して活動する17者の取り組みを、本人たちが書き下ろした方法論と、核心を引き出すインタビューによって紹介。日本全国の建築士が今できる取り組みを見つけ、仕事の幅を拡げられる1冊。

これからの建築士 職能を拡げる17の取り組み

これからの建築士 職能を拡げる17の取り組み

  • 作者:倉方 俊輔,吉良 森子,中村 勉
  • 出版社:学芸出版社
  • 発売日: 2016-02-25
目次

第1部 新たな関係をつくり、社会を動かす
HandiHouse project/仲俊治・宇野悠里/SPEAC/ツバメアーキテクツ/チーム・ティンバライズ

第2部 デザインの意味を拡げ、状況を変える
遠藤幹子/葛西潔/岩崎駿介/日建設計ボランティア部/善養寺幸子/斉藤博

第3部 地域に入り、環境を守る
文京建築会ユース/防災教育ワーキンググループ/復興小学校研究会/北斎通りまちづくりの会/稲垣道子/住宅遺産トラスト

論考1 「2050年」から建築士を考える/中村勉
論考2 「これまで」の前提から「これから」の前提へ/吉良森子
論考3 生きた市民としての建築士/倉方俊輔

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem