工務店・設計事務所のクチコミに足りないものは何?ルンバから学ぶクチコミ戦略!

今や「ロボット掃除機」として有名なルンバ。結構色々なお宅で見かけることも多くなりましたし、ロボット掃除機と言えば「ルンバ」というように、認知度も高いですよね。そのルンバのマーケティング戦略が、興味深いです。クチコミの戦略についてインタビュー形式で掲載されています。

クチコミの前にまず「認知」させよう!

上記のインタビュー記事で気になった項目は、この2点。

  • 認知率90%越えからの戦略にはクチコミが不可欠
  • 購入検討者の不安を企業は払拭できない

ルンバもそれなりにいい値段しますから、「いいなぁ」と思いながらも、購入にためらう方もそれなりにいらっしゃいます。つまり、「即買」ではなく「検討」が間に入ってきます。

だからこそ、十分な理解を得られるような情報を発信していくのですが、やはり企業側だけからの情報だけでは不十分なようですね。今の時代、企業側からの一方的な情報への「本当なんだろうか?」という懐疑心が生まれますので、それを払拭するためには、利用者である、ちゃんとした「お客様の声」が、説得力を持っているわけです。

ルンバは狙って行ったわけではないようですが、「認知率を高めた後で、クチコミへと展開していく」という手順はかなり効果的ですね。クチコミは、お金をほとんど掛けず費用対効果も高いので、取り入れたいと考える会社は多いのですが、最初の「認知」が足りていない会社がほとんどなんですよね(笑)だから、クチコミ戦略を取り入れても、上手くいかないんです。

クチコミが生まれるカテゴリーは共通性がある

住宅関係に限らず、良いクチコミが生まれやすいモノって、「楽しさ」「ワクワクさ」がありますよね。良いクチコミって、大事な相手と繋がりたくて、情報発信をするところから生まれやすいので、「楽しさ」「ワクワクさ」などのポジティブな要素がないと、良いクチコミは生まれにくいですよ。

だから、ローコスト住宅にはほとんど良いクチコミが生まれないんですよね。価格がメインで楽しさがないから(笑)どちらかというと、悪いクチコミが生まれやすいです。

良いクチコミの生ませ方は、なんとなく「コミュニティ」の作り方と似ていますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem