家づくりを感覚的に楽しめる環境を提案して初回接点のハードルを下げよう!男臭いマンネリ停滞からの回復戦略

以前、競馬から読み取る「ストーリーから生まれる共感のポイント」ということで、下記のような記事を書いてから、また競馬への熱が再燃しています(笑)

ストーリーから生まれる共感のポイント!エイシンヒカリとサイレンススズカ、似てないけど重なるのはなぜ?

2015.10.15

といってもギャンブルとしての競馬ではなく、ここ最近、競馬も女性向けにいろいろと仕掛けてきてるんですよね。その辺りの戦略が気になっています。

女性ファンの獲得を目指す「UMAJO」プロジェクト

例えば、女性のためのケイバサイト「UMAJO」を立ち上げたり、公式CMとは別に、競馬を楽しむ女性「UMAJO(ウマジョ)」をテーマにしたCMも始めています。

カワイク タノシク ヨクブカク UMAJO

カワイク タノシク ヨクブカク UMAJO

女性ファンの獲得を目指す「UMAJO」プロジェクト自体は、2012年から、若手女性職員を中心に発足しています。

各競馬場にドリンクやスイーツが楽しめる女性専用スペース「UMAJO SPOT」を設けたり、馬券の買い方などわからないことを気軽に聞ける「UMAJOコンシェルジュ」を常駐させたり、UMAJO向けのオリジナルグッズを開発したりと、女性に競馬の楽しさ・面白さを伝えるさまざまな施策を展開してきたようです。

また、チャイルドコーナー、車椅子観戦シート、シニアシートといった観戦用席の充実はもちろんのこと、マッサージチェアスペース、リフレッシュルーム、救護所まで完備されているので、家族や子供連れでも行きやすい状況を作っているんですよね。

情報発信にも女性のチカラ

また競馬番組も、フジテレビが結構女性を活用していて、日曜の午後3時に放送している「みんなのKEIBA」や、土曜の深夜1時頃から放送している「うまズキッ!」は、アイドルや女優がよく出演しています。

main

そこに、16年ぶりにJRA生え抜きの女性騎手・藤田菜七子騎手の登場ですからね。元々の男臭さを払拭するべく、いろいろなところに女性展開のチカラが入っていますね。その結果、競馬界にも活気が出ています。

従来の競馬だと、女性にとっては、競馬場に行きにくい雰囲気や、行ってどう楽しめばいいのかわからない。という来場のハードルの高さがありましたが、女性専用エリアや、施設の充実、初心者向けの知識提供などで、下げる取り組みを進めたのが功を奏していますよね。

初回接点のハードルを下げるって大事なことですよ。

業界は違えど、男臭くてマンネリ化した停滞からの回復は、参考になります。主婦層である女性を上手く取り込みたいなら、まずは、家や家づくりを論理的に説明するよりも、感覚的に楽しめる環境を提案すべきですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem