建築や住宅の展示の参考にしたい!21_21 DESIGN SIGHT「土木展」

東京の六本木にある21_21 DESIGN SIGHTで、2016年6月24日から、企画展「土木展」が開催されています。

建築と同じで、日常生活に必要不可欠な存在でありながら、実感する機会はあまりない部分ですから、展覧会の内容が興味深いですね。

top_poster

展示構成である、土木の歴史を振り返る工事現場の記録映像を、音と映像で表現する「土木オーケストラ」や、土木に結びつく行為をテーマに、参加作家が様々な形で表現した

  • 「まもる:キミのためにボクがいる。」
  • 「ほる:地質山」
  • 「つむ:ライト・アーチ・ボリューム」
  • 「ためる」
  • 「つく:山」
  • 「つなぐ:渋谷駅(2013)構内模型」
  • 「ささえる:ストラクチャー」
  • 「はかる:Perfume Music Player Installation」

などの作品も興味深いですね。

土木を身近に感じてもらったり、自然や土地の歴史と調和するデザインについて考えるための展示内容は、建築や住宅の展示にも活かせると思いますよ。「土木展」は21_21 DESIGN SIGHTで、2016年6月24日(金)~9月25日(日)まで開催しています。参考にしてみてはいかがでしょう?

インターネットミュージアムで内部の様子がうかがえます。

23日(木)にはプレス向け内覧会が開催され、その様子がインターネットミュージアムでご覧いただけます。

土木って、住宅業界には直接関わることはないので、このブログでもたまにしか取り上げませんが、「談合」「税金での工事」「環境破壊」など、あまりいいイメージが出てこないんですよね。下記の記事の内容もうなずけます。

そういえば昔、高校の頃、土木学科の人を、音楽家のドヴォルザークにちなんで、「ドボクザーク」とからかう空気がありましたよ(笑)

企画展「土木展」が、イメージアップになるといいですね。

 

追記:2016年8月17

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem