知らない人が多い!?毎年6月25日は「住宅デー」

毎年6月25日は「住宅デー」という記念日なんですね。初めて知りました。

住宅デーは、全国建設労働組合総連合が1978年に制定した記念日です。日の設定は、スペインの建築家、アントニオ・ガウディ氏の誕生日(1852年)に関連付けているようです。

day

制定当時の1978年頃は、高度成長による住宅建設ブームですから、量産する住宅建設の中で、職人をめぐるトラブルもたくさんあったようです。

このため、毎年6月25日を「住宅デー」と定め、町の大工や左官屋等、職人の腕と信用を地域の方にPRし、仕事や技能を理解してもらう日に制定したとのこと。腕と信用を再確認してもらう日でもありますね。

なので、地域の職人であるつくり手側としては、住宅相談や改善アドバイス、住宅リフォーム助成をはじめとする地域で活用できる制度の情報提供、独居老人宅や保育園・小中学校などの修繕ボランティアを行うようですね。その他には、包丁研ぎやまな板削り、木工教室など、子どもでも楽しめる催し物も行います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem