減少する住宅着工!注文住宅は残存者利益を狙う市場

6月14日の三菱UFJリサーチ&コンサルティングの経済レポートに、「けいざい早わかり 2016年度第4号:減少する住宅着工・増加する空き家」という題名で住宅関連の情報が掲載されています。

レポートの内容は、以下の6つの題目になっています。

  • Q1.最近の住宅着工の動向を教えてください
  • Q2.空き家が増えていますね
  • Q3.住宅の需要はまだ減少しますか?
  • Q4.中古住宅の需要は増えませんか?
  • Q5.住宅着工はまだ減りそうですね
  • Q6.空き家はどこまで増えますか?
haya_160614_1.pdf

住宅着工の推移

haya_160614_2.pdf

家を買うなら新築?中古?

あくまでも予測ですが、今後の住宅着工の見通しも発表されています。

haya_160614_3.pdf

住宅着工の見通し

若い世代の人口も少ないですし、所得も少ないですし、晩婚化ですし、少子化ですし、賃貸や中古のレベルも上がり、住まいの選択肢も増えていますし、必ず注文住宅を建てなきゃいけない理由なんてないんですよね。つくり手側の大半も自分で建てていないんですから(笑)

減少する住宅着工なんて、今に始まったことではないですが、もはや注文住宅は、新聞や自動車と同じで、残存者利益を狙う市場ですよ。

残存者利益とは、過当競争や収縮傾向にある市場において、競争相手が撤退したあと、生き残った企業のみが市場を独占することで得られる利益。

生き残るには、地域の方からの信頼や信用も必要ですが、周りと同じことやって、その他大勢扱いされているようだとマズイですよ。その他大勢に魅力はないですから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem