垣根を行き来できる人は魅力的!?情報社会で多機能な今の時代に「井の中の蛙」に魅力は感じにくい!?

先日、秋元康さんが企画監修している深夜のバラエティ番組・テレビ朝日のEDX44で、面白い企画が放送されてました。この番組は、テレビ朝日の若手ディレクターたちが未来のスター・ディレクターを目指し熾烈な競争を展開する内容で、毎回ユニークな企画でお届けするというもの。

今回の企画は、キングコングの西野さんが、自身に対して辛辣なご意見を浴びせ続けるネット住民と直接対面し、厳しいご意見と正面から向き合おうという内容です。業界だけでなく一般の方からも多くの厳しいご意見が寄せられる“芸能界一SNSが荒れる男ですからね。浴びせる当人と会ってみるって面白い企画ですね。

#12 キングコング西野がネット住民と直接対決!「会って話そうぜ!」

先輩芸人や大物作家に噛みつくなど数々の自由奔放な発言で、一般の方からも多くの厳しいご意見が寄せられる“芸能界一SNSが荒れる男”西野亮廣(キングコング)。
今回は、そんな西野が自身に対して辛辣なご意見を浴びせ続けるネット住民と直接対面し、厳しいご意見と正面から向き合おうという企画!
1時間にもおよぶ激論の末、最後は西野から衝撃発言が!
果たして、西野が出した答えとは!?

で、頻繁に厳しい意見をよせるネット住民2人と、実際に会うんですよね。

その2人の意見は、「芸人」を名乗っている西野さんが絵本を描くのには納得がいかないというもの。

1_EXD44 2_EXD44

ちなみに、西野さんの絵のレベルは、こんな感じです。

【予約販売】絵本『えんとつ町のプペル』(サイン入り・送料込み・お届けは2016年秋頃)

【予約販売】絵本『えんとつ町のプペル』(サイン入り・送料込み・お届けは2016年秋頃)

なので、アンチの2人は、絵が芸人のレベルではないという言い分・・・この固定概念、ひどいね(笑)

3_EXD44

番組内では、アンチ2人の言い分に、「芸人が絵本を描くのはダメだが、絵本作家がバラエティー番組に出たりするのはセーフ」みたいな不思議な内容だったり・・・(笑)

西野さんの中では、芸人の定義がこの2人とは違うということがわかり、会話にならないと判断しているのですが・・・あることに気付きます(笑)

テレビカメラの前で殴られ続けている間、疑問が確信に変わります。

さんまサンがドラマに出るのは良くて、
たけしサンが映画監督するのは良くて、
又吉君が小説を書くのは良くて、
石ちゃんがグルメレポートをするのは良くて、
オリラジあっちゃんがコメンテーターをするのは良くて、
たむらけんじサンが焼き肉屋をするのは良くて、
厚切りジェイソン君が日本人の生活習慣を斬る本を出版するのは良くて、
キングコング西野が絵本を出版するのはダメ。

もしかして、俺…

ただ、嫌われてるだけじゃね?

ですね、嫌われているんだと思います(笑)大半の方は感情論が多いですしね。理由なんて後付でしょう(笑)

結果的には、西野さんは芸人引退して、絵本作家になるのですが、この辺の流れは、キングコング西野さんのブログで、読むことができますよ。

しかし、絵本作家になったその夜、パインアメの製造会社から、感謝状と共に特命配布主任を命じられ、「絵本作家とは一日でおサラバ。今日から俺の肩書きは特命配布主任だ!!」とさらなる転向を宣言しています(笑)

垣根を行き来できる人は魅力的!?

西野さんは「はねトび時代」よりも、今の方が面白いんと思ってますよ。個人的には、昔から肩書は気にしないタイプなので、「何でもいいじゃん」って思っているタイプです。西野さんも、肩書には興味がないので、何でも構わないようですね。

ただ大半の人は、肩書の固定概念にハマっていますよね。●●●●だから、こうしなきゃいけないみたいな。大半の人は、「肩書」という軸が見えないと、何でも屋さん扱いで中途半端さを感じるようです。(しょーもないんですが、現実的な心理ですね。)なので、何か軸になる肩書はあった方が一般受けはいいですね。

そんな先入観の塊である肩書ですが、垣根を行き来できる人は魅力的なんですよ。「●●●●なのに、絵本を書く。」「●●●●なのに、小説を書く。」「●●●●なのに、プロダクトデザインもする。」などなど。それぞれの境界・境目に魅力が眠っていますからね。情報社会で多機能な今の時代、「井の中の蛙」に、魅力は感じにくいですよ。

なので、対外的な見せ方だけ、ある一つの肩書にしておいて、色々なことにチャレンジして関わりを持って、その一つの肩書きに関連付けてしまえばいいんですよ。実際、「建築家」という肩書で、あれこれチャレンジしている方いらっしゃいますよね(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem