宅建免許を持たなくても不動産ビジネスができる?利益目的の紹介が合法と認められる!

宅建免許を持たない個人や法人が、紹介料などの利益目的に、不動産会社に顧客を紹介しても、合法になったようですね。今まではグレーだった部分ですが、経済産業省が6月15日、合法と認める発表を行ったとのこと。

宅地建物取引業(宅建業)の免許を持たない個人や法人が、不動産会社に顧客を紹介した時に手数料を受け取る行為に対して、経済産業省が6月15日、合法と認める発表を行った。

経産省の担当者は「顧客へ物件情報を紹介する場合、不動産取引を媒介する行為となるが、業者を紹介するだけであれば仲介行為に当たらない。個人でも法人でも違法性がないことには変わりはない」とコメントしている。

宅建免許がなくても不動産ビジネス(紹介ビジネス)ができるので、新規参入者が増えると思いますよ。活発になる反面、不真面目な方も増えるので、悪質な紹介で事件沙汰な話が出てきそうですね(笑)そうなると、ますます信頼関係が鍵を握ります。

賃貸系なので、注文住宅にはあまり関係ないですが、ただ何か問題が起きた時は、結構一緒くたにされてしまうので、注意が必要かも・・・

紹介する人って、アレが良いコレが良いって簡単に案内するんですけど、大半は無責任にしていることが多いですよ。特に、最近のマーケティング業界なんて、紹介マーケティングという名のものとに、紹介アフィリエイトが乱雑しています(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem