長編映画デビュー時のティム・バートンのアイデアが詰まった家?『ピーウィーの大冒険』

69歳のおじいちゃんが、自動朝食マシンを開発しているのですが、結構な力作です。新聞、ゆで卵、紅茶、トースト、最終的には、テーブルクロスや食器の片付けもしてくれる自動マシンです。

こういうシステムって昔からある気がするのですが、あまり日本では見かけないですよね(笑)この動画を見て思い出したのがこちらの映画↓

ピーウィーの大冒険

「ピーウィーの大冒険」と言えば、1985年に公開されたアメリカのコメディ映画で、ティムバートンの初の長編映画としても有名な作品です。ティム・バートンって他の映画を見ても空間の作り方が上手いんですけど、この映画でもその才能が発揮されています。

映画の冒頭で、ピーウィーの自宅でのシーンがあるのですが、すごいユニークな作りなんですよ。すべり棒があったり、上記の映像のようなピタゴラスイッチ風の仕掛けですし、窓かと思いきや水槽だったり・・・すごい楽しい家なんですよね。(↓違法動画ですが、紹介しておきます。)

ちなみに、ピーウィーを演じている主演のポール・ルーベンスは、プライベートでポルノ映画館で自慰行為を行って逮捕されたり、児童ポルノ所持で逮捕されたりと、変態俳優としても有名です(笑)

正式な本編はこちらから(有料)

Netflixでは、ピーウィーのビッグ・ホリデーということで、オリジナル作品が公開されています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。