あなたはどのルート?「一流が育つまでの3つのルール」一流が育つ仕事場・Brutus No. 828

いつもカーサブルータスを紹介していたりしますが、今回はブルータスです(笑)「一流が育つ仕事場」として、各業界の仕事場がピックアップされています。

人が育つかどうかは環境の影響も大きいですからね。建築関係ですと、「伊東豊雄建築設計事務所」「菊竹清訓」が特集されていますよ。

たくさんの優れた才能を輩出する組織があります。
優秀な人材を育てる師匠がいます。
一流と呼ばれる人が育つ“場所”には、
どうやら秘密がありそうです。
そこで、各業界で活躍する“出身者”と“弟子”に訊きました。
「上司や師匠から学んだことは何ですか?」

brutus828-00 brutus828-01 brutus828-02 brutus828-03

試し読みの部分にも掲載されていますが、「一流が育つまでの3つのルール」として、

  • 大企業からの独立・転職
  • 一社に長期在籍
  • 複数社を渡り歩く

が挙げられています。従業員として働くほうがチカラを発揮できる方もいれば、独立した方がチカラを発揮できる方もいますからね。

仕事場に居心地の良さを求める方は多いですが、居心地の良さだけが一流の職場とは限らないと思っています。ベテランになればなるほど、居心地が良くなって、その居心地の良さを失いたくないから、リスクを取らない保守的になるのも事実(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem