年齢を聞かないコミュニケーションを身に付けよう!

最近は、上司が自分よりもずっと年下だったり、逆に部下がずっと年上だったりという、上司・部下の関係性も大きく変化しています。世代間による価値観が異なる、自分とのギャップが大きい部下もいますからね・・・

「聞く力」を鍛えて「対話力」を高めよう!ということで、年上の部下とわかりあう術が紹介されています。

LIG86_konnakaisyayameteyaruwa_TP_V

記事の中では、価値観のすり合わせが主に取り上げられていて、すり合わせるために、これまでの人生経験を一気に通しで語ってもらう「ライフストーリー・インタビュー」で、価値観をすり合わせ、認識のギャップを埋めましょうということが挙げられています。

また、部下はこれまでどのような経験をしてきたのか。そして、現在の自分自身をどう認識しているのか。さらに、これからどのようなキャリアを築いていきたいと考えているのか。などの、「過去⇒現在⇒未来」という進行形で理解する必要があるとのこと。

  • 価値観をすり合わせる
    • 「ライフストーリー・インタビュー」
      • 自己認識と他者認識のギャップを埋める
  • 顧客と同じく、部下も進行形で理解する

仕事で年齢を聞くの止めたら?

海外の人と数多く接しているわけではないけど、仕事でもプライベートでも年齢を聞かれたことがないです。

個人的にも、年齢なんて、成人したら、年金受給するまで、気にすることないと思っています(笑)細かく言えば、議員などに立候補する被選挙権ぐらいです。

衆議院議員や都道府県の議会議員、市町村の議会議員、市町村長の被選挙権が満25歳以上、参議院議員と都道府県知事が満30歳以上

でも、日本人って年齢聞くの好きなんですよね。コミュニケーションを取るのが下手な人は、他に聞くことが浮かばず、すぐ年齢を聞いてきます。中立な立場で人と接することができないため、年齢をハッキリさせて、接し方を決めたいんですよね。

そうやって年齢を聞くことによって、自分よりも上だ下だと、変な先入観が植え付けられるんですよ(笑)上記の例にしたって、年齢を聞いているから、年上だという変な先入観が植え付けられるんです。仕事で年齢を聞いて、何かプラスになることってあるんでしょうか??「年齢を聞かない」ということも仕事術だと思いますよ。

個人的には、自分の1年と他人の1年と同じに計算されるのが嫌なので、どちらかというと、年功序列否定派です。人を敬う気持ちは大事ですけど、年齢で敬うって違和感があるんですよね。知識や経験などは、若い世代からからも学ぶことはたくさんありますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem