住宅業界のセカンドキャリアとは?セカンドキャリアは、新たな挑戦のためのフィールド

「これは設計事務所の実態にも近いのでは?」と思ってしまったのが、昨今のJリーガー事情。

2016年のJ1の選手の平均年俸は、2017万円のようですが、J2になると、平均年俸は400万円強。さらにJ3では、平均値が算出できないほど危うい状況になっていく。 J3のクラブチームは、プロとアマチュア(無報酬)の選手が入り混じり、ほとんどの選手がアルバイト(副業)をしながらプレイしているようです。さらにその下のJFLだと・・・

soccer

底辺部分の構造は、野球も同じでしょうが、下部組織ができ広く認知されると、なりたい人も増えますが、市場での全体の売上が上がっていかないと、プレイヤーに払われるお金も上がりっこないですよね。

本来は、そのものの魅力に依存しているんだとは思います。J2でもJ3部でも、選手やプレイが魅力的で、見に行きたいって思えば、スタジアムへの来場者、視聴率、販促関係も、良い方向へ繋がりますよね。地元愛が強い地域なら、地元のスポーツが魅力的なら応援したくなるものです。だから、プレイヤー自身も自分を商品を思えるかどうかの意識って、大事ですね。そのスポーツにさえ打ち込んでいればいい時代ではないってことですね。

これは、スポーツ選手に限らず、一般的なビジネスマンも一緒ですよ。自分自身を「コンテンツ=商品」と意識できるかどうか。自分自身に「魅力=商品性」がなければ、仕事は苦しくなります。作業は関係ないでしょうけど、仕事においては、自分自身の「魅力=商品性」が求められてきています。

魅力化は、表に出るプレイヤーだけでなく、裏方の存在も必要!

先日放送されていた、サッカー元日本代表監督である岡田武史さんのドキュメンタリー『NEXT 未来のために「岡田監督が社長になった」』での内容が、サッカーの裏方を特集していて、興味深かったですよ。

okada

サッカー元日本代表監督の岡田武史さん。四国の無名チーム、FC今治の経営者となり、世界で勝てる日本サッカーの確立をめざしている。しかしチームは去年、昇格に失敗し、経営は背水の陣。岡田さんは監督として培ってきた勝負哲学で部下を動かし、スポンサー獲得や、観客動員など慣れない経営の仕事と格闘している。岡田さんを密着取材し、その知られざる姿を放送前からショート動画で配信。寄せられたコメントを放送で紹介する。

JFL昇格を目指すチームですから、サッカー構造の中でも底辺のチームです。そんな中で、岡田さんは、完全にビジネスマンなんですよ。

スタジアムへの来場を増やすために、地元企業の入社式でビラを配っていたり、

next1

雨の中、来て頂いた来場者には、試合終了後、お礼を言いに駆けつけたり、

next2

など、かなり泥臭いことをやっています。

JFLより下の地域リーグのチームですから、スター選手なんているわけがないんです。選手よりも岡田さんの方が魅力があり、FC今治の年間の予算の3分の1を占める事業が、岡田さんの知名度で成り立っています。岡田さん自身も「岡田武史の信用を切り売りしている。でも、どこかで賞味期限が来るから、FC今治はそれに頼ってはダメ、それ以外のものを早く作らなくてはいけない。」とおっしゃっています。

個の魅力も必要だけど、それだけに依存してもダメ。長い目で見ると、新たに魅力を作り出す仕組みとのバランスが大事なんでしょうね。

next3

ちなみに、なぜ、元日本代表監督で日本サッカー協会副会長でもある岡田さんが、無報酬で、FC今治の経営をしているかというと、「小中学生を育成し、共に世界を目指すため」とのこと。岡田さん独自の育成プログラムで、これまでの育成方法を変えようとしているのです。

サッカーに対する想いに加え、これまで積み重ねてきたキャリアがあるわけですから、岡田さんに個の魅力があるのも納得です。

セカンドキャリアは、新たな挑戦のためのフィールド

メジャーなスポーツ業界の中で、最近注目されているのは、セカンドキャリアです。(実はこれも、設計事務所に近いんですよ。)

岡田さん自身は、現役時代は日本代表にもなり、引退後はコーチから日本代表監督、J1クラブの監督、中国のクラブチームの監督、日本サッカー協会副会長など、順風満帆なサッカーキャリアですが、

スポーツ選手の場合は、結果を出し続けて評価されるものだし、いつ怪我をして引退を迫られるかわからないし、かなりリスクの高い職業ですからね。チームから戦力外を突きつけられることもありますから、引き際がわかりやすいです。だから、若くして引退する方は、すごく多いですよ。もちろん、芽が出なかった選手には、解説やコーチの話なんて来やしません。

そのため、生活の糧としての、引退した後のセカンドキャリアのサポートが、求められてきています。以前、元プロ野球選手のG.G.佐藤さんのことを取り上げましたが、父親が経営する自身の会社で、何人かの元プロ野球選手が働いており、受け皿にもなっているようです。

元プロ野球選手のG.G.佐藤さんには、父親の土台と自身の経験を活かして、スポーツ選手引退後の受け皿を作ってほしい。

2016.04.14

これはこれで大事だと思いますが、生活のために次の仕事を選ぶって、なんだか切ないですよね。発想がネガティブというか・・・

他の仕事に、あなたの建築キャリアを掛けあわせたら、何が生まれる?

セカンドキャリアって、転職や生活の糧というよりは、積み重ねたキャリアを活かして、新たな挑戦をするためのフィールドだと思っています。だから、30歳前後で準備や行動を起こした方がいいと思っています。

だけど、これまでの常識とか資格に振り回される方って多いんですよね。「設計をしたいから設計事務所」とか、「建築士持っているから設計の仕事」とか(笑)

これまで積み重ねてきた「建築」や「住」という分野は、人が生活をしていくための基礎として必要不可欠なわけですから、それを土台にして視野を広げたら、繋がる分野はたくさんありますよ。そういう視点に気付く人たちが増えると、業界も活気づき、賑やかになると思っています。

例えば、漫画家の手塚治虫氏だと、医者を断念して、漫画家の道を進んでいます。その後その培った医学を活かし、『ブラックジャック』という名作が生まれます。漫画界への影響はもちろんのこと、この本の影響で、医者を目指した人は数知れず・・・本人曰く「本業は医者で、副業は漫画」とおっしゃていたようですが(笑)漫画よりも、よほど医学が好きだったんですね。

また、スマホゲームが流行る前、ゲーム業界には、建築学科出身の方が多いと聞きました。学んだ建築知識が、ゲームの構築と似ているのかもしれませんね。

建築・住関係が好きだけど、あなたがもし今の仕事で、なかなか芽が出ず、悩んでいるのなら、「他の仕事に、あなたの建築キャリアを掛けあわせたら、何が生まれる?」と視野を広げてみましょう。セカンドキャリアとなる新たな挑戦のためのフィールドが、見つけられるはずですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem