あなたの職業の存在価値を示す『家のしごと展』をやりませんか?

以前も少し取り上げましたが、最近、建築家の取り組みを知ってもらう展覧会って、それぞれの地域でも少しづつ増えていますね。

大分にゆかりのある若手建築家は集まれ!展覧会『ARTPLAZA U_40 建築家展 2016』

2016.06.16

建築家の取り組みを知ってもらう展覧会「建築家のしごと3」が3日、岡山市北区天神町の県天神山文化プラザで始まった。倉敷、岡山、赤磐市の建築家12組が写真や模型、図面などを使い、手掛けてきた住宅や各地の建築事例を紹介している。7日まで。

okayama1
okayama2

家のしごと展、やりませんか?

設計事務所が主体なら、建築家展もいいですけど、若干マンネリ感も否めないですね(笑)設計をする方はたくさんいらっしゃいますから、デザイン性の違いだけで、存在価値を示すのは、厳しい時代に入っていますね。設計(デザイン)以外の魅力を引き出さないと・・・

工務店主体なら、「家のしごと展」なんて、住宅展もいいかもしれません。

家づくりに携わる仕事の展覧会です。建築家などの設計分野もあれば、大工や職人の施工分野もあるでしょうし、FPなどのお金の分野もあります。家の中身に目を向けたら、コーディネーターや収納関係などもあります。

家づくりって、数人でやっているかと思いきや、沢山の人が関わっていますよね?この辺りも知られてないですよ。ただ、いろいろな職業の人が関わりすぎてて、ゴチャゴチャしていますから、その辺りを見えるようにしていきましょう。

「あなたの仕事は、家づくりに対して、どのような利益・利潤をもたらしているのか?」それぞれの仕事が施主にとって、どんなプラスなことをもたらしているのか?家づくりにおいての、あなたの職業の存在価値を示す機会にもなりますよ。

夏休み期間だと、体験も兼ねた、子どもでもわかる『家のしごと展』でもいいですね。

IMG_1274

ぜひやってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem