研究者やプロですら正確なものをつかめていない家づくり。それでも建てる理由はどこにある?

お隣の国・中国では、集合住宅でも、住民が建物を勝手に改造、増築するようですよ(笑)例えば、他の住民から雨漏りのクレームを受けた当事者が、6階建ての集合住宅に「7階」を勝手につくり、雨漏りを防いだ。みたいな・・・

集合住宅が多数を占める中国では、しばしば住民が建物を勝手に改造、増築し、トラブルや事故を引き起こすケースが発生する。中国メディア・中国新聞網が7月15日に伝えたところによると、遼寧省瀋陽市では6階建ての集合住宅にいつの間にか「7階」が出現、他の住民からクレームを受けた当事者が「屋上が雨漏りするから塞いだ」と弁明したという。仮に実際に雨漏りがあったとしても、ひどい言い訳である。

以前、中国に行ったことあります。2010年の上海万博の少し前だったかと・・・

現地の瀋陽故宮の外れ周りにあった建物の修復をしていたのですが、足場が木材(竹?)でしたからね。いい加減に修復している感がありましたよ(笑)

39868573_1347661740_116large

後、写真は撮れていませんが、大連から瀋陽に向かう電車の中から、高速道路?の工事途中が一瞬見えたのですが、一応鉄筋が入っているようなのですが、「鉄筋ってこんなに細かったっけ?」というレベルでした・・・

日本の家はすごい?

日本の家屋の施工現場を見た中国人は「これだけちゃんと作っていれば、絶対雨漏りなんて起きないだろう」と感じるようです。しかも、中国メディアでは「日本人はなんとこんな風に家を建てていた これでは耐震や防水できないほうが難しい」とする記事を掲載しているようですが・・・

それでも、雨が漏り、地震で倒れるんですよね・・・

実際、雨漏りは原因を突き止めるのが難しく、予測で対応して結果を見て判断していたり、耐震基準を満たしていても倒壊していたり・・・

研究者やプロですら、正確なものをつかめていないわけですから、それでも家を建てる理由はどこにあるのか?技術や性能などモノの訴求でいいのか?今一度見つめ直したいところですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem