大切なのは「人」である。消費者はバカではない。何も知らないと思って侮るな。同じ目線に立って話すのだ。

デイヴィッド・オグルヴィという方をご存知でしょうか?

1999年に亡くなられていますが、「現代広告の父」と呼ばれ、広告のあり方を変えた人物として、広告やマーケティングに、現在も大きな影響を与え続けています。Wikipedia

オグルヴィの創始者、デイヴィッド・オグルヴィが何よりも重視したのは、ひとつに、広告活動とは人が人に対して働きかける、優れて人間的な行為であるということ、ひとつに、人の心をとらえる広告には「ビッグ・アイデア=優れたアイデア」がなければならないということでした。

広告に携わるなら、一度はオグルヴィの本を読んでおいた方がいいですよ。井内も広告に携わり始めたころ読みました。ちょっと小難しく、書かれているやり方は古いのですが、すごく本質的なことを突いているので、その考え方は普遍的です。ちょっと値段が高いですが(笑)

「売る」広告

「売る」広告[新訳]

「売る」広告[新訳]

  • 作者:デイヴィッド・オグルヴィ
  • 出版社:海と月社
  • 発売日: 2010-09-27

 

ある広告人の告白

ある広告人の告白[新版]

ある広告人の告白[新版]

  • 作者:デイヴィッド・オグルヴィ
  • 出版社:海と月社
  • 発売日: 2006-06-15

 

広告の巨人オグルヴィ語録

広告の巨人オグルヴィ語録

広告の巨人オグルヴィ語録

  • 作者:デイヴィッド・オグルヴィ
  • 出版社:海と月社
  • 発売日: 2007-02-16

 

冒頭で紹介している映像でも、オグルヴィが語っていますが、

大切なのは「人」である。消費者はバカではない。何も知らないと思って侮るな。同じ目線に立って話すのだ。

これは、まさに現代でも通用する部分ですよ。

良い文章を書くために踏むべき永遠不朽の10ステップ

lifehackerのサイトで、デイヴィッド・オグルヴィ流の文章の書き方ステップが紹介されていましたの取り上げています。

  1. ケネス・ローマンとジョエル・ラフィエルスンのライティングに関する書籍『ビジネスマンのための英文作成マニュアル』を3回読むこと。
  2. 話すような口調で自然に書くこと。
  3. 短い単語、センテンス、パラグラフを用いること。
  4. 難しい専門用語を使わない。それらはすべて気取ったうぬぼれが使う黄金ワードです。
  5. どんなテーマでも2ページ以内にまとめること。
  6. 引用元を確認すること。
  7. 手紙もメモも、書いたその日には送らないこと。書いた翌朝に声に出して読み、推敲すること。
  8. 重要な文章は同僚に推敲してもらうこと。
  9. 手紙やメモを送る前に、送り手になにをして欲しいのかきちんと明確にすること。
  10. なにかを実行して欲しい場合は、書かない。その人の元へ直接行って行動して欲しいことを伝える。

1は難しいですが、2~10はできる範囲の内容ですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem