1位になる理由は何があるんでしょうか。2位じゃだめなんでしょうか。

このところ、
「その他大勢にならないこと」
について、書いています。

———————
やっぱり、その他大勢になってはいけない。
⇒ http://dtoac.com/blog/20160812/26963
———————
思っている以上に”違い”は伝わらない・・・
⇒ http://dtoac.com/blog/20160813/26991
———————
小さな会社で目指すのが無理なNo.1の分野
⇒ http://dtoac.com/blog/20160814/26994
———————

No.1にならなきゃいけない理由とは?
No.2では、ダメなのか?

今日は、ここに触れていきたいと思います。

 

この答えはすごくシンプルで、

「1位は皆知ってるけど2位は誰も知らない」

というのが結論です。

 

2位以下を知っている場合って、

その業界や分野に精通している人や、
興味がある人でないと、知られていません・・・

後は、「富士山と北岳」の様に、
例として使い古されてるとか(笑)

 

「No.2でもいいじゃん」って
思っているのは、

あなたがその分野に
染まっているからです。

 

一般の方からすると、

そこまで興味ない分野でも
1位なら知ってるけど、
2位は耳にすることすらない・・・

・・・これが現実です。

 

つまり、わかりやすく、
振り切れていないと、
伝わらないんですよ。

実はこんな減少は、
いろいろな所で起きています。

 

例えば、スポーツ。

井内は昔、バスケをやっていて、
対戦系のスポーツ経験者なら
わかると思うのですが、

素人相手に小さなフェイントって
無意味だったりするんですよね。

反応できなくて・・・

しっかりとした経験者相手だと、
ディフェンスが目を見てくるので、
目線とかのフェイントも効くのですが、

素人相手だと、目を見ていないので、
顔までしっかり動かさないと、
フェイントが効かないんです(笑)

 

このところ、No.1という
表現を使っていますが、

これは、、、

「わかりやすく振り切れる」

という意味も含んでいます。

 

次回のメールでは、

「何をもって、No.1と呼ぶのか?」

をお届けしますね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。