プロではない人や業者を排除するためにも建築基準法は見直してほしい。

大きな地震が起きる度に、見直しが検討される建築基準法ですが、熊本地震でもその傾向が出てきていますね。

日経ホームビルダーが行った、実務者向けに実施したアンケートでは、建築基準法の改定や4号特例廃止の声も上がっているようです。建基法の耐震基準のレベルを引き上げるべきかどうかでは、6割が肯定派とのこと。

資料:日経ホームビルダー

耐震レベル改定への意見 資料:日経ホームビルダー

私も、肯定派です。安物買いの銭失いを防ぐためにも、全体のレベルを上げた方がいいです。酷い設計になると柱の直下率とか滅茶苦茶ですからね。

耐力に靭性(粘り)を考慮するのも賛成です。4号特例ではその辺無視されているかと・・・構造を勉強していた時、ずっと不思議に思ってましたが、許容度を超えた時、一気に耐力を失う素材と、粘ってジワジワ耐力を失う素材が一緒にされるのはいかがなものか。

  • 耐力が高くても、許容度を超えた時、一気に耐力を失う素材
  • 耐力が低くても、許容度を超えても、ジワジワ粘る素材

どちらが良い悪いではなく、両方の良さを持ち合わせた耐力壁がいいので、本来は、耐力壁を考える建材メーカーも考慮すべき視点だと思っています。

それにしても、上図の「耐震レベル改定への意見」を見てて思いましたが、否定派の意見、プロとしてひどいですね(笑)意図的にひどいのを掲載しているのでしょうか???

  • 耐震性能を上げても、施工レベルが上がらないと十分ではない。
    ⇒ 施工レベル上げろよ。それがプロとしてやるべきことだろ。
  • 4号特例を廃止して、設計者が構造設計に関わるようにするのが先だと思う。
    ⇒ 目立つ意匠に憧れて設計しているのに、陽の目を浴びない&設計料も低い構造設計に関わりたくないだろ。構造家、構造美の価値が低すぎる。
  • 建てにくくなるうえ、間取りの制約ができるため自由設計をしにくくなる。
    ⇒ 制約がある中で、アイデアや発想をしていくのがデザインであり、設計のプロ。
  • コストの問題から、高い耐震性能を建基法で義務化することに疑問を感じる。基準を超える性能については建て主が採用を検討すべき
    ⇒ 責任転嫁。無知な建主に投げる方が恐ろしいだろ。

設計者なんて、腐るほどいるんですから、ついていけないなら、独自の路線を突き進むか、辞めた方がいいですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem