ライフスタイルの変化に伴い「家」の定義や、「家」へ求める価値も変化している!

IKEAが2015年度より実施している、家に関する調査「Life at Home Report」の第三弾・「家」に関する国際比較調査レポートが興味深いです。

2017年度は「Inspired by EVERYDAY, Designed for EVERYDAY」をテーマに、リビングルームにフォーカスをあて、これまでに増して家での日々の暮らしの大切さに向いているため、「家」に関するレポートになっているようですね。

0001

家での生活は、賃貸であろうが持ち家であろうが、常に変化をしていますからね。

一人暮らしだけでなく、シェアハウスで暮らす人、シングルペアレンツなど、世帯構造も変化していますし、東京の様にコストが高い地域に住む場合、狭い空間で暮らしたり、インフラの充実で、都会と田舎の二拠点生活なども増えています。また、SNSで他人のライフスタイルを共有できるようになったため、価値観も多様化してきていますよね。

イケアでは、こういったラ イフスタイルの変化に伴い、生活の基盤である「家」での暮らしについて考え直す必要があると考え、本調査を実施したとのこと。その結果、ライフスタイルの変化に伴い「家」の定義や、「家」へ求める価値も変化しているという傾向がある事が分かっています。

レポートは上記URLから、報道関係者向けサイトからダウンロードできますが、東京における「家」に関する傾向を各視点で調査し、世界各都市の結果と比較した内容になっています。

PART1:変化する人々の「暮らし」と「家」の定義

  • 「人生幸福度」と「家に対する満足度」、東京が最も低い結果に。
  • 各都市で異なる「理想の家」の条件 東京は「安全性」と「温かみ」が上位に
  • 世界で異なる「家」を実感する過ごし方。東京は「好きな料理をつくる」が1位に。

PART2:家を構成する4つの要素について

  • 【関係性】家の中でも一人の時間を大切にする東京。家の雰囲気が家族の関係性に影響する傾向に。
  • 【物】 かたづいた部屋が快適さの鍵に。56%が、家の中の物を減らしたいと回答。
  • 【空間】  「家の香り」は、家での快適さに影響する。
  • 【場所】 東京では、家が最も落ち着く場所。隣人関係は意識しない傾向に。

東京の傾向を見てみると、他都市と比較して家や人生に対する幸福度が低い傾向にある事が分かっています。他と比べても圧倒的ですね(笑)

「人生と家に対する満足度」東京は13都市中最下位という結果に

0005

人生と家に対する満足度 東京は13都市中最下位

理想の家は「安全性」と「温かみ」。家を実感する過ごし方は「好きな料理をする」

0006

理想の家は「安全性」と「温かみ」 家を実感する過ごし方は「好きな料理をする」

53%が自由な時間を一人で過ごしたい。

20%の人が、一緒に暮らしている人との関係構築の障害として「家の雰囲気」を挙げています。

0008

53%が自由な時間を一人で過ごしたい。

家の中の物は自分自身を表している

家の中の物は自分自身を表しているということは、「個性・こだわり」などを大事にしている傾向だと思われます。

0009

家の中の物は自分自身を表している

収納できないから物を減らしたい。家の香りは家での快適さに比例。

0010

収納できないから物を減らしたい。家の香りは家での快適さに比例。

家が最も落ち着く場所

東京は外に出れば、ムダに人が多いですから(笑)落ち着ける家を求めるのもわかります。

0011

家が最も落ち着く場所

非常に興味深いレポートですが、日本の中でも特殊な”東京”が対象ですから、地方にとっては全てが参考になるとは限らないですけど・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem