「スマホ対応」ラベル表示は廃止されたけど、住宅業界ではスマホ未対応のサイトはまだたくさんある!

2年ほど前に、スマートフォンで Google の検索結果で出たサイトを閲覧すると「スマホ対応」という表示がでるという記事を書きました。スマホで閲覧する時に、スマホに対応したサイトかどうかが、アクセスする前にわかるようなラベル表示です。

mobilefriendly

モバイル版の検索結果に [スマホ対応] の表示

住宅サイトのスマホ対応必須!Googleの検索結果に”スマホ対応”の表示!?

2014.11.30

ですが、今月に入って、「スマホ対応」のラベル表示が廃止されました。2016年8月23日米Googleが、”モバイル検索結果を簡素化”により、「スマホ対応」のラベル表示を、廃止・削除する方針を明らかにしています。

主な理由としては、

  • 検索結果の85%はすでにモバイルフレンドリー基準を満たしている
  • 検索画面のシンプルさを保つため

とのことで、既に85%のサイトがグーグルのモバイルフレンドリー基準を満たしているのと、「スマホ対応」文字を削除して、サイト情報をより表示するためですね。

sp00

「スマホ対応」のラベルが表示されなくなったからといって、スマホ対応が検索順位のランキング要因から除かれたわけではありませんから、モバイル対応していないサイトは、これまで通り、検索順位が下がる可能性は大です。

2年掛かっても、まだホームページのスマホ対応していない会社もたくさんいますが、検索順位以上に、世間の当たり前についていけてないわけですから、今後どんどん見られない方向に行くでしょうね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem