語彙力がある人ほど、家を建てられる条件が整っている!?

ベネッセが公開している調査結果で、語彙力と世帯年収との関連性を公開しています。語彙力が高いと、世帯年収が高いみたいですね。ということは、家を建てられる世帯もある程度の語彙力がないと難しいところに結びつきやすいのではないでしょうか。

語彙とは、ある範囲の、あるいは広く一言語についての、語の総体。語の数みたいなものです。

ベネッセホールディングスは9月15日、「第1回 現代人の語彙に関する調査」の結果を発表した。調査は7月、全国の高校生1,040名・大学生1,040名・社会人1,050名(このうち20~30代が520名、40~60代が530名)の合計3,130名を対象に、インターネットで行われた。ここでいう「語彙力」は、調査対象語の語彙540語(辞書語彙270語、新聞語彙270語)のうち「知っている」と答えた語の割合。

003l

世帯年収と「語彙力」

語彙力のある人と無い人の表現力の相対図

ネットで話題になっている「語彙力のある人と無い人の表現力の相対図」がわかりやすくて、参考になりますよ。

語彙力は文字で示すと効果的だけど、会話で示すとウザイ!?

語彙力は表現力に繋がりやすいようですね。

上記の図からみると、文字にした時、様々な言葉の表現ができるため、微妙なニュアンスの違いを伝えやすくなります。だから、価値観に刺さりやすい、共感を得やすい発信をすることができます。

ですが、これをそのまま会話に持っていったらどうでしょうか?ちょっとウザくないですか?会話では、上図の右ぐらいシンプルな方が話しやすいですよね。

頭の良い人が陥りやすい違いですよね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。