過去最低!住むなら一戸建ての方がよいと思う人63.7%。「生活定点」のデータを集客に活かしてみよう!

博報堂生活総研による、2年に1度の定点調査で、24年分の生活者観測データ約1500項目が公開されている「生活定点」。2016年までのデータがアップされていますね。

生活定点1992-2016|博報堂生活総研

生活定点1992-2016|博報堂生活総研

2014年時公開の時の機能、回答同士の相関度が高い項目がわかる「似てるかもグラフ」、グラフの形からデータを探す「逆引き」、グラフの推移を「自動で解説」するテキストに加え、2016年版は、性別や年代・地域別に、回答差の大きい項目を「まとめ見」できる新機能が追加されています。

  1. 性別や年代・地域別に、回答差の大きい項目を「まとめ見」
  2. 回答同士の相関度が高い項目がわかる、「似てるかもグラフ」
  3. 7種類のグラフの形から、データを「逆引き」
  4. 膨大な数のグラフを「自動で読み解く」解説テキスト

機能の他に見せ方もアップデートされていて、「住カテゴリー」はこんな感じになっています。

「05 住」の項目一覧|生活定点1992-2016

「05 住」の項目一覧|生活定点1992-2016

「住むなら一戸建ての方がよいと思う」は63.7%です。パーセンテージは過去最低で、初回(1998年)より10↓ 前回(2014年)より1↓とのこと。

住むなら一戸建ての方がよいと思う

住むなら一戸建ての方がよいと思う

過去最低

「あなたの住生活にあてはまるものを教えてください。」という質問に「住むなら一戸建ての方がよいと思う」と答えた人の割合は前回からほぼ変化がなく、2016年は63.7%となりました。男女差はしだいに大きくなっており、2016年は男性の方が約10ポイント高い結果となりました。地域差には逆転がみられ、2016年は首都圏の方が約3ポイント高い結果となりました。

その他には、

  • 自宅(自分の部屋)のインテリア・コーディネイトに興味がある方だ[28.8%]
  • 木の床(フローリング)が好き[51.3%]
  • 個室よりも家族で一緒にすごすスペースを充実させたい[36.9%]
  • 部屋数を減らしても、1つの部屋のスペースを広げたい方だ[19.8%]

などなど、興味深いデータもあるので、調べてみてはいかがでしょう?

住むなら一戸建ての方がよいと思う人64.7%・「生活定点」から読み取る生活者データを集客に活かしてみよう!

2015.12.31

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem