日本の森で起きていることは、住宅業界にも関わりが深い!

SOTOKOTO(ソトコト) 2016年 11 月号の特集が興味深いですね。「日本の森で、起きていること」と題されているように、日本の森林生態系の豊かさがテーマになっています。

自然素材をウリにしているなら、目を通しておくべき内容かと・・・

201611_header

楽しい森と仕組みづくりのイノベーション!

森林率は面積の約7割。私たちの暮らす日本は、「森の国」といっても過言ではありません。
森は未来の日本を占う領域。守るべき自然環境なのはもちろん、これからの産業を生む場としてもとても大切です。この号では日本の森林生態系の豊かさをテーマに、サスティナビリティの視点から見た各地域の美しい森と、その仕組みづくりを訪ねていきます。新たな森林ビジネスに注目が集まる東北、アイデアいっぱいの森づくりを続ける近畿、里山保全と自伐型林業が進む中国・四国など、各地で楽しい森林のイノベーションが起こっています!

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。