建材の「ことりつぎ」で地域の工務店の魅力をイメージさせる!?

街の個人ショップやイベント会場等で、誰でも本を売れるようにサポートする流通サービス「ことりつぎ」が興味深いですね。

登録すると、選書サービス、専用アプリでの仕入・販売・在庫管理、本棚の作り方等の販売サポートを受けることができ、店舗にて個人の興味関心が高まる本との出会いを演出できます。

ことりつぎ

ことりつぎ

flow

 

こちらの対談も面白いですよ。

個人的には電子書籍派なので、すでに知っている本とか関連した本しか買わないんですが、ふと店頭に行くと、「こんな本あったんだ」と気付くことも多いですよ。まさに「95%の人が、本と出会えていない」んです。

本のキュレーションという感じですから、お店それぞれの魅力を引き出す・イメージさせることにも使えますよね。

image

例えば、雑貨屋さんだと、こんな感じで見繕ってくれるようです。工務店だと・・・???

book_ex01

11月1日現在、このサービスにテストケースとしてご協力いただけるお店を探しているようです。(まずは都内近郊を想定しているようです。)興味ある方は、ぜひ問い合わせてみてはいかがでしょう?

建材にも活かせるキュレーション

建築関係も、こういったキュレーションで、地域の工務店それぞれの魅力をイメージさせるよう、建材の流通ができると面白いですよ。大量仕入れとか利益率とかそんなのが優先されると、似た建材ばかり出回って、難しいですが、他社と差別化したい建材屋さんは挑戦してみては?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。