何気ない空間も本のあり方ひとつで変わる!『本と、本がつくる場所』2016年12月号ソトコト

2016年12月号のソトコトは、「本と、本がつくる場所」という特集です。

以前紹介した「ことりつぎ」もそうですが、やはり、本は世界観が出やすいので、価値観の共有など、場所をつくるのに適してますね。何気ない空間も、本のあり方ひとつで変わってきます。もう、本は本屋だけのものではないですね。

建材の「ことりつぎ」で地域の工務店の魅力をイメージさせる!?

2016.11.01
201612_header

書店を飛び出し、まちに広がる「本」のいま!

本好きにはたまらない、一冊まるごと、本と、本が生み出す新しい場所の特集号です。
そもそもいま、本が役割を担う分野はいったいどこにあるのか? そして本の未来は? ブックワームの私たちにとって、なくてはならない本の存在について、書店員、NPO職員、旅館の主人、学生、フォトグラファー、編集者などなど、多種多様な「本がつなぐ人びと」のみなさんがつくり、育てる、これからの本の居場所を探す旅に出ます。書店を飛び出し、業態や職種を飛び越え、まちに広がる「本」という愛すべき事象。それにしても、日本はつくづく「本の国」ですね!

【特集】
  • 本と、本がつくる場所
  • 『栞日』が伝える、心地よい暮らしのヒント。
  • 『BOOKS f3』はなぜ、“普通のまちの本屋”を目指すのか。
  • 泊まれる図書館『暁』からはじまる物語。
  • これからの「まちの本屋」論。
  • フリーペーパーの文化をつくる『只本屋』。
  • 縁をつないでつくる、秋田発のリトルプレス『yukariRo』、できました。
  • 本がつくる場所ガイド。
  • 人気の『ペンギン文庫』です。
  • 『本と温泉』の、おもしろさ。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。