小学生の時までの体験が多いと、家を建てる可能性も高くなりやすい!?

国立青少年教育振興機構が、全国の20代・30代を対象に実施した「若者の結婚観・子育て観等に関する調査」2015年度の結果を発表しているのですが、調査結果を見ると、注文住宅には死活問題となる、「結婚したくない」「子供は欲しくない」と考える若者が増えているようです。

データが豊富なので、いろいろと気になる点はありますが、特に注目したい部分を取り上げてみました。

「結婚したい」「子供は欲しい」という意識は、子供の頃の「人間的なふれあい」を通した活動で変わる

気になったデータはこちら。

4-1-1

上記の表に示された体験を、小学生の時に体験していると、その後の結婚経験や結婚願望、子育て願望にも影響があるようなのです。

小学生の時までの体験全体と結婚経験の関係

小学生の時までの体験全体と結婚経験の関係をみると、体験が多くなるにつれて「結婚している」割合は 上昇しており、体験が「多い」群では約5割、体験が「少ない」群では3割台となっています。

4-2-1

小学生の時までの体験全体と結婚願望の関係

未婚者について、小学生の時までの体験全体と結婚願望の関係をみると、体験が多くなるにつれて「結婚したい」割合は上昇しており、体験が「多い」群では8割台、体験が「少ない」群では6割台となっています。

4-3-1

小学生の時までの体験全体と子育て願望の関係

子供がいない人について、小学生の時までの体験全体と子育て願望の関係をみると、体験が多くなるにつ れて「子供は欲しい」割合は上昇しており、体験が「多い」群では7割台、体験が「少ない」群では5割台 となっています。

4-4-1

小学生の時までの体験が多いと、家を建てる可能性も高い?

上記のデータから捉えると、小学生の時までの体験が多いと、結婚や子育てにたどり着きやすいようです。ということは、家を建てる可能性も高くなりやすいってことですよね。

その他にも、子供の存在についての考え方の違いや、地域とのつながりについての行動や考え方の違いが、「結婚したい」「子供は欲しい」という意識と関係するという調査結果も出ており、結構奥深い内容ですよ。参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。