建築において無知は毒でしかない。

6日夕方、東京・新宿区の明治神宮外苑で行われてた「TOKYO DESIGN WEEK 東京デザインウィーク」のイベント会場で、ジャングルジムのような形をした展示物が焼け、中で遊んでいた5歳の男の子が死亡し、助けようとした父親など2人がけがをしたというニュースが飛び込んできました。

燃えたジャングルジムを制作したのは日本工業大学の「新建築デザイン研究会NADS」なのですが、早速ツイッターを非公開にし、さらにはアカウント変え、挙句の果てに削除してようです・・・ネット大荒れです。

「新建築デザイン研究会NADS」は、写真や動画など、公開していたいろいろな情報を削除して逃亡しているようですが、ネットの恐ろしいのはアーカイブなどを辿られ、すぐに出回ってしまいます・・・だから、拾ってきました。

nads1 nads3 nads2

建築にそこまで詳しいわけではありませんが、

まず、高さが2~3mある構造物ですが、写真見る限りだとビス1本で留めているような気がするのですが、安心して他人の子どもを登らせても大丈夫なくらいの安定した構造なんでしょうかね?なんだか、ぐらつきそうな気がしなくもないのですが・・・

さらに、(11月6日現在、火災原因は特定はされてませんが、)写真を見ると裸電球が使われているようです。LED電球を使っていたようですが、熱くなりにくいLEDでも、電源部分であるソケットの方は結構熱くなります。(白熱電球なら電球部分なんて熱くて触れないくらいになります。)そして、乾燥した木くずは着火材などに使われやすいくらい燃えやすい素材ですからね。空気と熱が加わったら、瞬間的に高熱を出して燃えますよね・・・

だから、「木くず×裸電球×木」なんて、火を生みやすい組み合わせなので、改めて見ると、とんでもない組み合わせです。しかも、子供一人でちょうどの狭い空間なので、中の人を助けにくい構造になっています。でも、そういう知識も含めて、建築だと思いますよ。

11月8日追記

作品の入り口からみて奥の方に白熱電球を使用していたようです。出火は。警視庁は防火管理に問題があったとみて、業務上過失致死傷の疑いで調べているとのこと。

建築において無知は毒でしかない

子ども一人が亡くなられているので、ちょっと厳しいことを書くなら、建築において無知は毒でしかないと思っています。あまりニュースにならない乳幼児に多いと言われる家庭内事故も、親の意識以外に、建築的知識で防げることもあると思っています。でも、それには知識と経験が必要です。

だから、上記の学校を指すわけではありませんが、偏差値の低い建築系の学校はいらないんですよ。そんなところに行くなら、経験値を高めるため実践を積みながら学べるところで働いた方がいいです。それでも無理なら、あきらめて他の道を探せと言いたいですね。クリエティブや建築家という言葉に酔いしれないでほしいです。

「自分は頭が良くない」そう思っているなら、実践によって周りよりも経験値を積むことです。周りの誰よりも実践を積んで、その経験値を分け与えたほうがいいですよ。

「凡人は模倣し、天才は盗む」

余談ですが、冒頭のジャングルジムをどこかで見たことあるなと思ってたら、2012年に、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012で、建築家の谷尻誠さんがつくった「マウンテンジム」にそっくりなんですよね。ネット上でもそんな指摘が(笑)

ジャングルジム「マウンテンジム」

ジャングルジム「マウンテンジム」

ピカソの言葉に「凡人は模倣し、天才は盗む」という言葉がありますが、

ここで言う「模倣」は、上澄みをすくうただのパクリ。「盗む」は、既存のものを組み合わせることで新しい価値を創造することだと捉えています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。