DIYが年齢関係なく選択肢として当たり前になりつつある!

2011年から開始されたUR賃貸のDIY戦略、良い感じのようですね。じわじわと全国に広がり、現在は全国60団地、約300戸を展開しているようです。

記事内にも書かれていますが、自分の手で作れば愛着がわき、長く住みたいと思うようになります。だから、UR賃貸のDIY住宅は、退去する人がほとんどいないようです。注文住宅でも、自分の手で作れば愛着がわき、満足度も高くなりますからね。

また、DIY=若者というイメージがあったのが、実際、URの入居者の平均年齢は、2010年には46.6歳でしたが、昨年2015年は51.2歳になっているとのこと。DIYが年齢関係なく、一定層に受けるようになってきましたね。

やらない理由をお客さん側に伝えられるか?

正直、DIYは選択肢として、当たり前になりつつあります。つくり手側が一方的に作っている家って、つまらないん思ってますから、個人的にはDIYの必要性をずっと言い続けていますし、家づくりに少しでもDIYを取り入れてほしいと考えています。ひとつのものを共につくる共創ですね。

もちろん、やるやらないは経営判断ですが、そのやらない理由をお客さん側に正直に伝えられますか?「面倒だから」「手間になるから」というつくり手側目線の理由だと話にならないですよね(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。