VR住宅でより本物を体験したくなる人が増加!?

バーチャルリアリティ(VR)が少しづつ浸透してきていて、住宅業界でもいち早く取り入れている会社も出てきましたね。住宅系のCAD自体がマンネリ化していましたから、いい刺激なんだと思います(笑)

VRを使えば、住宅を検討する方に、計画中のプランを視覚化して、わかりやすく提案することもできますし、家づくりをビジュアルを通じて、楽しんでもらうこともできますからね。他には、CADと連動して、目の前でプラン変更したものがすぐビジュアル化されたり、連動して見積もりも出てくる効率化もありますね。

また、モデルハウスほどの広いスペースも必要としませんし、データさえあれば、複数のVR住宅を持つことも実現可能ですね。

vr

ただし、VRは絶対ではない。

個人的には、使おうが使うまいが、どっちでもいいと思っています。そもそも住宅系のCGが安っぽいんですよね。いい加減、進化してほしいですよ(笑)

ただ、VRの影響もあって、より本物を体験したい気持ちが強くなると思います。住宅に限らず、疑似体験はあくまで擬似なので、人間の欲は次を求めますからね(笑)本物を体験したくなるんですよ。

最終的には中身ってことです。VRはあくまでツールです。五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を刺激する本物には勝てないですよ。

頭の中にカタチを描けない人が増えている

ビジュアル訴求の技術がどんどん進化してきている反面、頭の中にカタチを描けない人が増えているのも事実です。

  • 図面を見てもイメージできない
  • CGを見てもイメージできない
  • 模型を見てもイメージできない
  • モデルハウスを見てもイメージできない・・・

ひどいのは、実際に自分の家が建っても、自分たちが暮らすイメージができないというケースもありますからね。

しかたない傾向です。設計士でも、CGを起こしてからでないと、パースが描けない人は増えていますしね・・・

頭の中にカタチを描けるようサポートするか、描けなくても大丈夫なよう信頼させるか、やり方はそれぞれです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。