美しい庭が欲しくなるガイドブック・BRUTUS(ブルータス) 2016年12月1日号

BRUTUS(ブルータス) 2016年12月1日号のNo. 836の特集がオススメです。

特集は「庭」です。

brutus836-00

「どこにいても庭を感じられる家」など、建築家が考える新しい庭のある暮らしが取り上げられていたり、家に庭を持つことの新たな可能性が紹介されています。

庭に限らず、外構とは、人で云う化粧の様な気がします。単に緑があればいい(単に化粧すればいい)だと、全然美しくはなりませんよね。芝を植えてたら草むしりをしなければいけなかったり、草木も手入れをしなければ、美しさを保てません。(スキンケアみたいなものですかね。)

家という建築物とは、また違った個性がそこに存在しますよ。彩りも豊かにできるし、カタチも矩形ではない美しさがありますよね。生え方なども人間ではコントロールできない無造作感といいますか。

美しい庭が欲しくなるガイドブックですよ。

brutus836-01 brutus836-02 brutus836-03

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。