「建築は変化のための原動力となる。」マイケル・マーフィー: 癒すための建築

TEDで公開されている「マイケル・マーフィー: 癒すための建築」の内容、すごくいいですね。住宅にも関わる大事なことを話ししています。

あらすじを書くと、、、

彼(マイケル・マーフィー)の父親は、毎週末に作業着を着て、古い自宅の壁のペンキを、剥ぎ落としては塗り直し、そんなことを繰り返しながら、コツコツとその古い自宅の手入れをしていました。

その父がある日にガンになり、余命は3週間だとのこと告知。父に寄り添うために彼は、父がもはや終えることのできなくなった古い自宅の修復作業に取りかかることにしたのです。

3週間が近づき、そして過ぎましたが、父はまだ生きていました。そして3ヶ月後、父が作業に加わりました。半年後、窓の部分が終わり、1年半後、ポーチを取り替えました。

もちろん、そこには彼と並ぶ父の姿があり、満足して眺めていました。ガンの症状はすっかり沈静化していました。父は彼に向かってこう言いました。 「なあマイケル、この家が俺の命を救ってくれたんだ。」

michael_murphy1

それで翌年、彼は大学で建築を学ぶことに決めるのです。

しかし、大学で習う建築は、目新しい造形の建物を作る人たちが認められるため、釈然としませんでした。

michael_murphy2

そんな中、彼は、世界の貧困層の保健改善のための活動をしている、ポール・ファーマー博士の講演を聞きに行き、博士が話す建築の話を聞いて驚きました。

「建物が人を病気にしている」というのです。

特に世界の貧困層で、それが流行病並みの問題を引き起こしているというのです。南アフリカの病院では、感染予防が考慮されていないため、脚を折って病院にやって来た患者が、換気されていない廊下で待たされて、病院を出るときには、多剤耐性肺結核にかかってしまい、死んでしまうというケースもあると。

michael_murphy3

そして、彼は行動に移すのですが・・・詳細は下記映像をご覧ください。

マイケル・マーフィー: 癒すための建築

建築は巧みに配置されたレンガという以上のものです。この強く訴えかける講演でマイケル・マーフィーは、設計をするとき彼のチームが設計図の遙か先を見据えていることを示します。風の流れや光といった要素を考慮しながら、美しい建物と共にコミュニティを作り出すという総体的なアプローチを取っているのです。ルワンダやハイチといった国々でのプロジェクトの紹介のあと、米国南部の心を癒すための野心的で感動的な慰霊碑のプランが明かされます。

映像の中で、「建築は変化のための原動力となる。」と語っているように、環境が人に与える影響って、すごく大きいんですよね。住宅においても、多くの人は1日の3分の1以上は家にいるでしょうから、家から得られる影響って実は大きいはず。

それにしても、建築が造形寄りなのは、海外も一緒ですね(笑)もっと人間工学寄りなると、意匠の在り方も変わると思うんですけどね。

普通の人が悪魔に変わる環境があるなら、人を悪魔に変える家も存在しえる。

2015.10.12

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem