思考力があれば、小さくても勝てる。

サッカーJリーグのサンフレッチェ広島の佐藤寿人選手が、来季J2に降格する名古屋グランパスへの移籍が決まりました。今シーズン、出場機会が少なかったので、もしやと思っていましたが、今回の移籍は「出場機会を求めて」のようです。

2016年11月27日追記

サンフレッチェが、2007年、J2へ降格し、サポーターの前で「絶対に1年で帰ってくるから」と宣言し、2008年、圧倒的強さでJ1へ昇格するのですが、その時の佐藤選手の有言実行ぶりに心を打たれて、それ以来応援しています。

佐藤選手の実績は、日本代表にも選ばれたこともあり、2012年には JリーグMVPとJリーグ得点王を獲得。歴代通算J1リーグ得点数2位。12年連続で2桁得点記録といった素晴らしい実績です。

そんな佐藤選手の2013年に発売された本、「小さくても、勝てる。」では、内容は、佐藤選手のサッカー人生そのものを本人の視点で書かれているのですが、「すべてのゴールを言葉にして説明できる」という言葉の通り、“思考力”について書かれています。

例えば、与えられたトレーニングをただ漠然とこなすのと、試合でどういう状況に有効的なのかを、具体的にイメージをして考えて練習するのとでは、身につく量や質も違ってきます。

この辺は、ビジネスでも同じですよね。

単に与えられた業務をこなすだけの作業しかしない場合と、全体像をイメージして、自分の仕事が何に使われるかをイメージして仕事をする場合とでは、成長のスピードがまったく異なります。

「経験」を元に常に考えていて、的確な「判断」を繰り返しながら試行錯誤して、ゴールへの最短距離を「予測」する。そして、その流れを「言語化」することが、『思考力』へと繋がるわけです。

スポーツでもビジネスでも、恵まれていないことを挙げたら、キリがないですよね。でも、思考力があれば、自身の短所も上手く活かすことが可能ですよ。

思考力がないと、結果を求め、答えだけを探してしまう。

ビジネスでは、質問の質ひとつで、その人のレベルが表されたりします。

「○○をした方がいいんですか?」
「○○な時、お客さんはどう思っているんですか?」

そんな質問の正直な答えは、「どうぞやってみてください。」「お客さんに聞いてみてください。」です。聞かれれば、自分なりの答えをお話しますが、100%正しい答えなんてわからないです。こちらでできることは、あなたが迷うことがないように、思考を広げるヒントやアドバイスをするだけなのです。

上記の様な、答えだけを求める質問は、危ないですね。

会社員や従業員という立場なら、そんな質問が出てくるのもわかりますが、事業主や経営者なら、多少うまくいかなくても、自己責任なわけですから、これをすればいいという100%正しい答えは存在しません。反対に、試行錯誤や創意工夫が求められます。

経営的な数字が見えにくい時は、結果よりも行動を意識する!

事業の立ち上げとか、しっかりとした経営的な数字の予測がたてにくい場合、結果よりも行動を意識した方がいいと考えています。

例えば、『20組集める』ということではなく、『20組集める行動をし続ける』ということです。結果を意識すると、その結果が満たされない途端、モチベーションも下がります。そして続かなくなります。ですが、行動を意識すると、「どうやったらできるか?」を考え、試行錯誤や創意工夫をしようとします。

成功への答えというのは、1つだけではないはずです。まさに思考力が役立ちますね。

 

さて、来シーズンからは、J2へ降格した名古屋グランパスを応援します(笑)

小さくても、勝てる。

小さくても、勝てる。

  • 作者:佐藤 寿人
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売日: 2013-06-27

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem