注文住宅戦国時代だからこそ、需要>供給をつくり、戦いを略して勝つ!

2010年頃から「アイドル戦国時代」という、様々なアイドルが次々と誕生しては消えていく様を、戦国時代に例えて表現した言葉が出てきましたが、この記事を読んで相変わらずの状況のようですね。

アイドルの裏には、迷いや不安がはびこっていて、下記のような「迷宮あるある」が存在するようです。

  • 集客が少ない!
  • フォロワーが少ない!
  • 肩書きがない!
  • お金がない!
  • 本当はこの仕事をしたくない!

これらは、アイドルに限らず、名乗れば誰でもなれる職業や、飽和状態の職業に共通している”あるある”だと思います。

「本当はこの仕事をしたくない!」というのは、モチベーションにも関わることなので、死活問題でしょうが、集客ができない、SNSをやってもフォロワーが増えない、賞も取れない、お金もない・・・そんな悩みはどこでもゴロゴロしているというわけです。

戦国時代ということは、「戦って勝つのか」「戦わずして勝つのか」、共存を含めても、この2択しかないです。

歌川貞秀 1852_宇治橋 治承四年

歌川貞秀 1852_宇治橋 治承四年

戦って勝つのか、戦わずして勝つのか

戦後から高度経済成長ぐらいまでは、モノやサービスも足りてなく、その流れを受けて、『 需要 > 供給 』という、売り手市場が続いてきたわけですが、今の時代、『 需要 < 供給 』というように、供給が需要を上回ってますから、作っただけでは売れなくなり、売り方を工夫しないといけなくなりましたよね。

その工夫(マーケティング)により、売り手視点ではなく、買い手視点を重視しないといけなくなったわけです。これは、メディアや情報ですら同じことが言えます。

戦略と戦術という言葉がありますが、戦略とは「戦いを略す」と書き、戦術は「戦う術」と書きます。つまり、前者は戦わずして勝つことを考え、後者は戦って勝つことを考えるわけです。小さな会社にとって、どちらが重要かというと、戦わない前者ですよね。

戦略と戦術を簡単に表すなら、下記のようなことです。

  • 戦略=「誰に」「何を」・・・需要 > 供給のバランスをつくる
  • 戦術=「どうやって」・・・伝える手段

でも、最近は、無料でできることが増えた分、小さな会社ほど「どうやって」を取り組みたがるんですよね(笑)

例えば、「Facebookが流行っているから・・・」「LINE(ライン)が流行っているから・・・」など。すでに飽和状態の中で、「誰に」「何を」つまり、「需要 > 供給」のバランスをつくらないまま、「どうやって」の部分を先に取り組むということは、負けに行くようなものです。

無料のツールは増えてはいますが、「どうやって」の手段ばかりにとらわれず、まずは、需要 > 供給のバランスをつくることを意識してほしいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。