ヒットを生み出す秘密とは、自分の「奥」にある、感情を描く。

ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の特別編として、11月28日に放送された「10代 VS. プロフェッショナル 弟子入りスペシャル」が面白かったです。

10代の若者・9人が、プロフェッショナルである「天ぷら職人」「清掃員」「編集者」の3人の元へ、弟子入りし、修行するという企画です。

professional

10代 VS. プロフェッショナル
弟子入りスペシャル

日本最高峰のプロの現場に飛び込み、
ガチンコ修業を行う「弟子入りスペシャル」。
選考をくぐり抜けた10代の若者・9人が、
それぞれの弟子入り先で悪戦苦闘!

夢に繋がるビッグチャンスはつかめるのか!?
人生の悩みや不安を乗り越えられるか!?

笑いあり、涙あり。
一流のプロと過ごす、特別な夏休みに密着!

天ぷら職人には、門前仲町にある老舗天ぷら屋「みかわ 是山居」の店主・早乙女さん。

k008

清掃員には、羽田空港で500人の清掃員を束ねる、新津さん。

k002

編集者には、「宇宙兄弟」「ドラゴン桜」などのヒット作を手掛けた、佐渡島さん。

k003

テレビってこともあるかもしれませんが、皆、厳しいです(笑)

個人的には、編集者の佐渡島さんの部分が興味深かったですね。佐渡島さんは10代の若者であろうと、編集者とクリエイターという関係性で接していた気がします。

マンガ家デビューを目指してやってきた若者とのやり取りでは、「面白いって何なんだろう」「どうやったら感情って動くの」「どうやったら入り込むの」といった、佐渡島さんのコーチングで、彼女の想いが引き出されます。

佐渡島さん曰く、

ヒットを生み出す秘密とは、自分の「奥」にある、感情を描く。

ことだと説きます。自分の心の中に描きたいこと、描きたい感情を持たないとダメということです。

「感情」の描き方には、言葉で表したり、絵で表したり、写真、映像、造形など、様々ありますが、それらはあくまで手段です。描く手段の前に、まずは自分の心の中に感情を持つことです。

感情を描けない人は、人に影響を与えることはできません。

レベルが高い人は、人の感情をも描くことができるようですが、まずは自分の感情から描いてみることですね。家に対しての感情、絞り出してみてください。

工務店や設計事務所などのプロの仕事人にピッタリ!「プロフェッショナル 仕事の流儀」の動画を自分たちでも作成できる公式アプリが登場!

2016.01.09

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。